子連れで海外ビーチリゾート旅行のカメラ事情。ニコンD5100とソニーRX100とリコーPXをどうしよう

お立ち寄り頂きありがとうございます。でめさんです。

以前こんな記事を書きました。

旅をするブロガーの方にはぜひ、カメラを構えていただきたいと思って、少しは役に立てるのでは!?とおもって書いてみました。 お立ち寄りいた...

ブロガーたる者、作品としての良し悪しではなく、自己満足した写真を掲載していきたいですよね。今回は初めて子連れで海外にいくにあたって、カメラに悩んだというお話をかかせていただきます。

スポンサーリンク

子連れで海外ビーチリゾートにいく時のパッキングをまず考えた。

私のメインのバッグは、今回はリュックでいくことになりました。モンベルアウルパック。海に行くのに山ブランド行くとか、もうちょっと明るいのリュックも欲しいと思いましたが、まぁやむなし。

ホテルについてしまえばスーツケースからいろいろ取り出せますが、空港内を中心とした移動中はこいつで乗り切る必要があります。

子連れなので、オムツとウエットティッシュ二人分、おやつに至っては3人分がありますので、体積の半分以上が奪われます。

(真ん中の子は3歳すぎたんだからいい加減オムツ取れて欲しいところ。。)

そして、今回のフィリピン航空は機内エンタメがないので、こども対策でDVDを見せられるようにノートPC&DVDドライブ&DVDも持っていきます。

さらに、パスポート全員分とお財布でパンパンです。

さて、ここで、問題がおきます。

一眼、邪魔。。。

一眼レフユーザならみんな感じたことのある、問題に直面しました。

このブログはかなりの割合でソニーのRX100Mk2で撮ったものを使っていますが、旅行の時くらいはD5100を持ち歩きたいと思っているんです。

先日ドイツは完全にお仕事で行ってきたので、あまり自由な時間は取れませんでしたが、お客さんと一緒という100%自由ではない環境ではありつつもブレーメンの街を回ってこれたので、ちょっとした旅行記的に書いてみたいと思います。

この時の記事はほぼ、D5100です。側から見たらかわんねーよwってとこかもしれませんが、自己満足が違います。あと、撮ってる時のテンション。ファインダー覗いている方がシャッター切りやすいんですよね。

ということで、持って行きたいのですが、すでにパンパンな荷物が目の前にいる中で選択が必要になったんです。。。

で、結果、断念。

子連れで海外はただでさえ多い荷物。

こんな時に断念をしてもいっか。と思える写真が撮れるRX100Mk2はとても感謝と思っています。

とうことで、今後、おそらくあと、3回はネタに使われるであろう、セブ島ネタの写真はほぼRX100Mk2に委ねられることになりました、また記事にした際にはお立ちよりいただけると嬉しいです。

防水タフコンデジなお安いやつ。リコーPXはビーチリゾートでは持って行きたい。

ということで、私のメインカメラはRX100mk2というとても優秀な、いろんなところで評価を受けているソニーのデジカメになりました。

でも、もう一つ持って行ったカメラがあるんです。

それは、リコーPX。

もう生産をしていない、2011年発売のかなり古いモデルですが、すっごいお安いタフコンデジとして、コストパーフォーマンス的に、優秀だと思っています。

確か、8,000円くらいで新品で購入した記憶があります。

お仕事の現場にもなんども持ち出させていただいたくらい、雑に扱ってもまだ今のところ、元気に動いてくれています。

カメラ任せにして、いわゆる撮って出しの画像は個人的にはぐずぐずな仕上がりで出てきますが、多少加工してこんな感じの写真が取れるということもご報告。

f:id:demekingyobachi:20170729222204j:plain

水しぶきが飛び交う、滑り台。これは3歳の息子がほぼ1時間、ただただ、回し続けるという自体に陥りました。暑い中、さすがに私は飽きていたので、あえて、ミストシャワーと合わせて撮ってみます。

ビーチの中から桟橋らしきものを撮影してみました。青空の広さを水面とともにできる限り近づけて撮ったつもり。

ちなみに、海の左側にある黒っぽい影は魚影です。

f:id:demekingyobachi:20170729223509j:plain

リコーPXをもってきた意味が一番あるのは、こちらかなと。

先ほどの魚影を、海の中で撮りました。

上二つは気を使いまくれば、RX100mk2で、もっと綺麗な感じで撮れると思いますがこちらは確実に不可能な構図ですね。ハウジングを利用すれば別ですが。

シュノーケリングとかではなくて、全然足のつくところにたくさんお魚が泳いでいるので、ちょっと顔つけて撮影した感じですね。

f:id:demekingyobachi:20170729223507j:plain

ちなみに、リコーPXの撮って出しの写真はこんな感じです。(別構図ですが、同じような環境です。)見た目より、だいぶ暗く、発色も抑えられて映る傾向がありますね。

安いデジカメ全般に言えることですが。

今は、この辺りの処理は明らかにスマホデジカメの方が上だと思います。

ただ、修正した絵の方が私のディスプレイで見る限りは、見た目にだいぶ近づけられたのではないかなと。(ゴーグルブルーだったけど。。。)

防水スマホであってもさすがに海につけてしまっては一発で死んでしまうでしょう。実際プールでソニーのXperiaを水没させた私が言うのですから間違いはありません。

ビーチ/プールリゾートでの写真はかなり気を使うシーンも多いかと思います。そんな時でもちょっと撮って、あとで見返したい時には便利なタフコンデジ。

さすがにセンサーサイズが大きいちょっといいコンパクトデジカメ的なポジションの製品はでいていませんし、今は30,000円以上からが中心の市場のようです。

それでも、有れば楽しみの幅が増えるタフコンデジ。持っててよかったと思った、セブ旅行でしたというお話でした。

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする