本を買うならハピタス堂書店に決まり!って言い切れなかった

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

本日はちゃんと陸マイラー活動もしてるぞ!ブログであるということを思い出すために、ハピタス堂書店について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

スマートフォン全盛の今、2017年において、本を買う時はどんな時?

みなさん本は買うのでしょうか。私は実は滅多本は書いません。

情報収集はほとんどがネットからの人間です。

もちろん、本を読むということは先人たちが頑張って得た経験を短時間で吸収ができるという点では非常に貴重なものなのだとは思いますが、私はどちらかというと自分で体験したいのであまり読んでいません。良く本を読まなきゃダメだ!という論調をみますが、あまり読んでない私でも人並みには出世して、ビジネスでもしょんぼりしてる状況にはないので、本なんて読まなくてもいいんですよ。

なんて、本を読むのがただ苦でなだけの虚勢はおいておいて、それでも、本は買わなきゃいけないことがあるんですよね。私が本を買うシチュエーションはこちらの3点がほぼ全てです。

  • 英語(TOEIC)の勉強をするための参考図書
  • マーケティング的な話を勉強するための参考図書
  • 娘のピアノの教則本

ということで、たまに買わなければいけない本、陸マイラーである以上はもちろんポイントにしたいですよね。そこで出てくるのが陸マイラー御用達のハピタスが提供する「ハピタス堂書店」です。

今回はじめて利用をしてみましたので、簡単に感想を報告します。

コレは使える!改めてハピタス堂書店とは?

使える!と言える点は以下の三点ではないでしょうか。

  • 期間限定:7%還元(電子書籍10%還元)
  • 期間限定:送料無料
  • ハピタスポイントが上限なく利用可能

使いかたが難しいわけでもなく、普通にネット通販をしたら、注文から2~3日で届いていましたので、とっても便利でした。

ただ、上二つがなくなったとたんに、ハピタス堂書店を利用するメリットはほぼないです。アマゾンなり、楽天ブックスなりを使いましょう。

陸マイラー視点でいうと、現状本を買うことでマイルに繋がるという点では、最も良い選択肢であることは間違いないと思います。何度か、私は書いていますが、小さなマイルであったとしても日常生活で取り込めるマイルは積極的に拾いに行く陸マイラーでいたい、と思っています。

でも、本を買うならハピタス堂書店に決まり!って言い切れなかった

ということで、配送が特に遅いでもなく、高いわけでもなく、ポイントは多い!なら本を買うなら「ハピタス堂書店に決まり!」って思ったのですが、残念ながら同じに日に楽天ブックスでも本を買うことがありました。

理由は「品揃えが中途半端!」だったためです。

今回、ピアノの楽譜で「ぴあのどりーむ5」と「ぴあのどりーむレパートリー5」が指定図書だったのですが、片方しかなかったのです。

楽天ブックスにもアマゾンにも売っていましたので、もう一方は楽天ブックスで買いました。そして、今、ハピタス堂書店を覗いたら、私の購入した「ぴあのどりーむ5」はすでに販売をしていません。

ネットという膨大な倉庫がありそうな、ものですが、やはり「ハピタス堂書店」では典型的サラリーマンである私のニーズすらも満たせなかったのです。

アマゾンを筆頭に大手のネット書店と比べるとどうしても品揃えを仕切れないという現実があるようですね。もちろん企業努力はされていると思うので、応援をしていきたいとは思いますが。

還元率もいいですし、本の購入費用を最も効率的にマイルに変換できる「ハピタス堂書店」は私たち陸マイラーはまず調べるものだとは思いますが、在庫は微妙だと思いますので、期待しすぎないほうがいいと思いますというお話でした。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする