典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と

7歳.3歳.0歳を育てる典型的サラリーマン空&陸マイラー。飛行機(ANA)、物欲、旅行欲など、典型的サラリーマン向けに情報発信をしています。

ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)を作る決断をしたのでデメリット・メリットをまとめておきたい

お立ち寄り頂きありがとうございます。でめさんです。

ツイッターなどでフォローさせていただいている陸マイラーの皆様は基本的に SFC/JGC の修行をしていらっしゃる方を中心にフォローをさせていただいております。

私自身は2016年に仕事にて ANA の上級会員資格であるプラチナステータスを獲得した典型的サラリーマンです。2017年は残念ながらプラチナステータスに届くかというと非常に微妙なところ、ただ、行くかもしれない、、、そんな微妙な状態ではありましたが、この度私も、スーパーフライヤーズカード(以下 SFC )を発行してしまいましたので、決断に至るまでのデメリット・メリットを典型的サラリーマン目線で、まとめておきたいと思います。

f:id:demekingyobachi:20170626175749p:plain

 

SFCを権利があるからって言ってすぐに発行しよう!という決断しなかった理由

理由は二つです。

  1. SFCの年会費がバカにならない!
  2. 券面デザインがひどくダサい

SFCの年会費がバカにならない

我が家の場合は家族会員で妻のカードも発行しており、あらゆる決済をVISAゴールドカードで実施することで1.7%以上のマイル還元率を実現している陸マイラーです。年間400万円くらいは決済するので、それだけでも68,000マイルですからね。クレカ発行やFXなど大型案件はそこまで多く対応せずとも、年間10万マイルを貯めて家族五人でセブ島でバカンスをするくらいのことそんなに大変ではありません。

そんな典型的陸マイラーサラリーマンの場合クレジットカードのゴールドカードの年会費がめっちゃ上がる!と思っていたんです。

具体的にはマイペイスリボ登録+ウェブ明細サービスの割引をすると

本会員(9,500円)+家族会員(2,500円)=12,000円(税抜き)

本会員(10,500円)+家族会員(6,000円)=16,500円(税抜き)

年間4,500円+税も!違うわけなんですね。

飛行機趣味の方々、どう考えてもお金持ちの方が多いので、気にしない方がほとんどなのでしょう。

しかし!だいたい5,000円の価値があると判断できるかどうか、私はこの5,000円は悩む典型的サラリーマンなのです。

SFCは券面デザインがひどくダサい

f:id:demekingyobachi:20170626175754p:plain

トップにも持ってきましたが、改めて。

いかがですこの感じ。私はちょっとありえないダサさだと思っています。

このダサいなと思う理由は二つあります。

まず券面のフォントがバラッバラ。

スターアライアンスゴールドのロゴ、VISAのロゴ、SUPER FLYERS ANA CARDの文字ANA Number、ANAのロゴ全てのフォントがちぐはぐです。このカードサイズだけでもここまでバラバラで統一感がない状況になっているのが一つ目。

二つ目が「 SUPER FLYERS 」の文字の黒背景、金抜き文字。

「テプラかよ!」と。

とおもったら、先人の方々も同様に突っ込んでいらっしゃったようですね。

なお、JCBのカードはこのテプラ感が内容でまだましで羨ましいです。

ただ、このためにJCBで還元率落とすこともできないですし、年会費の高いプラチナやダイナースにするにはそれはそれでありえません。

なので、泣く泣く、このデザインを受け入れて発行しました。

カードとしての機能なのでどうでもいいのはわかってはいますけど、毎日5回は使うものなので、財布や名刺入れと同じくちょっと満足したいというのが本音です。

文句を言いつつもSFCを発行しよう!という決断した三つのメリット

結局悩みながら権利が発生してから半年後に今更ながら発行をした理由は三つの理由を勘案した結果です。

  1. 国際線のANAラウンジを家族ぐるみで使っておきたかった
  2. ANAの上級会員資格は手放す気には全くならないとこの半年間で感じた
  3. 国内のIHGホテル宿泊に伴う朝食無料サービスが恐ろしく魅力的だった

国際線を利用する際には上級会員特典は家族ぐるみで使っておきたかった

こちらで国際線の上級会員特典のことを書いていますが、本当に快適だったんですよね。プライオリティチェックインとかね。

これは、子連れの家族旅行でも間違いなく発揮します。

特にラウンジで飛行機に乗る前に食事ができるのが大きいかなと思います。

今年の夏はセブ島に特典航空券で家族でバカンスに行ってきます。

セブ島に行くのは特典航空券でもANAではなくフィリピン航空で行くんです。

で、いろいろ調べた限りフィリピン航空のご飯、美味しくなさそうなんですよね。。。

私自身はどうにでもなるのですが、問題は子供です。苦手なものしかなかったらお腹が空いて不機嫌で飛行機の中でお騒がせしてしまうかもしれません。

そんな迷惑をかけたくはありませんので、子供のお腹をちゃんとヌードルバーなりカレーなりで満たした上で飛行機に乗れるラウンジぜひ、使いたいと思います。

なお、基本的にSFCカード一枚同行者が一人増やせます。本会員の私のカードと妻のカードで同行者も二人、ラウンジ利用は可能なので、子供二人も同行者として利用ができますね。

ちなみに、我が家は子供が三人いるのですが、子供の年齢が2歳に上がってしまっても、家族みんなでラウンジ利用はしたいと思います。

基本的には使い道に困ることが見えているアップグレードポイントがたったの2ポイントで同行者を増やすこともでいるので、個人的にはアップグレードポイントの有効利用にちょうどいいなと思っています。

なお、ラウンジ利用の方はビジネスマンも多いかと思います。私も日頃はそういうビジネスマンです。(主にブログの更新だけど。)なので、迷惑をかけない程度にしつけはしておきますので、子連れのラウンジ利用でもご容赦くださいますようお願いいたします。

ANAの上級会員資格は手放す気には全くならないとこの半年感で感じた

こんな記事を書いていますが。

ANAの上級会員資格は基本的にお仕事の場で利用させていただいております。羽田空港はまだカードラウンジがあるんで実はそこまで重要視していなかったのですが、伊丹空港、広島空港、岡山空港などの仕事をするスペースをの確保は一回の典型的サラリーマンとしては非常に、非常にありがたい状況なんですよね。

この快適さは手放せないということもあり、お金とのバランスはありますが、どうせカフェに入って仕事をすることを考えると、他のメリットと考えると、5,000円の上乗せはまったく持って追加コストにはなっていません。

ここに悩む、万が一年末プラチナステータスを取れなかったら、、、と考えると決断をするに十分な理由になりました。

国内のIHGホテル宿泊に伴う朝食無料サービスが恐ろしく魅力的だった

費用対効果の観点ではあっとう間に5,000円分の差額は回収できることがわかりました。これ、普通に見るとわからないと思います。

https://www.ana.co.jp/amc/reference/premium/detail/delight.html#section06

例えば大阪のANAクラウンプラザホテルですと朝食は1,600円くらいなんですが、こちらがSFC料金プランを使えば無料になるとのことです。

ANAの上級会員資格の公式サイト「IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでのご優待」を見てもどこにも書いてないんですよね。同封の入会案内にも書いてないので、わからないと思います。

ただし、IHG・ANA・ホテルズグループジャパン公式サイトにはスーパーフライヤーズカードの会員特典のページがありそちらにがっつりと書かれています。

コレ、隠し特典だと思います。

f:id:demekingyobachi:20170626184707p:plain

ちなみに、ドリルダウンをするとわかるのですが、全てのホテルで朝食無料&ウェルカムドリンクには○が書いてあるんですね。

すでに大阪のANAクラウンプラザホテルにはあと5回は泊まることが決まっている身です。この特典だけでも完全にPayできるメリットですね。

しかもこのサービスANAのプラチナステータスでは受けられないんです。SFCの方が優れているという私の知る限り唯一のポイントなんですが、今の私には直接的に影響があるというそんな特典があり、IHG派になったことからも猛烈にSFC発行を後押しされたというわけです。

ただし、ちゃんとIHG・ANA・ホテルズの公式サイトでSFCプランで予約しなければいけません。これをせずに、IHGの公式アプリから予約した私は泣きたくなりました。ベストフレキシブルレートより10%、安いですが、セールよりは高いということもありますので、要注意ですね。

それでもプラチナステータスは狙いたいたった一つの理由

私は陸マイラー活動もしますが、社畜マイラーでもありますので、ボーナスフライトマイルの差が大きくあります。プラチナステータス系軸は105%にアップするんですよね。通常のSFCだけでは40%にしかすぎません。

地味ながら、2017年も行けることならプラチナステータスは狙っていきたいのですが、お金をかけて修行をするかというと、うーん、そこまでではないかな、、、というくらいです。

逆にそれぐらいしかSFCとプラチナステータスの違いを感じることができないのでいかにSFCが優れているかがわかりますね。

SFC悩まれている方、国内出張が多く、毎年海外に家族で行こうと考えるような私のような典型的サラリーマンでしたら、悩みまくった挙句発行した私のような者がいることがご参考になりましたら、幸いです。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

*よろしければこちらにもお立ち寄りください。*