典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と

7歳.3歳.0歳を育てる典型的サラリーマン空&陸マイラー。飛行機(ANA)、物欲、旅行欲など、典型的サラリーマン向けに情報発信をしています。

パスポートケースは良い!と強く思って無印良品のパスポートケースを購入したのでレビューしたい

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

先日、海外旅行に行ってきたばかりですが結構困った解決策の記事が以下の Comasty さんの記事で見て、これだ!と思って、無印良品のパスポートケースを即日、購入したので、レビュー記事でご報告させていただきます。

f:id:demekingyobachi:20170812220007j:plain

パスポートケースとかトラベルオーガナイザーなるものを知らなかった

陸マイラーの方を始めパスポートを持って旅行する方にとっては常識なんでしょうか、このジャンル。

パスポートケースっていう概念は海外慣れしていない、日本人旅行客が首から下げてるアレ!という、ものすごい先入観で生きてきており、こういったオールインワンなパスポートケースの存在は完全に盲点でした。

 

愛用されている方がいたら心苦しいですが、首から下げてるアレってなんか、もう野暮ったくないですか?

「旅慣れてないジャパニーズでございます!」

ていう印象がすごいです。(いや、私の独断と偏見ですよ。)

 

「じゃお、お前さんはパスポートどうしてるのさ?」

と問われますと、どうやって持ち運んでいたかというと、なんとなーく嫁さんの余ったポーチをもらってそこに突っ込む!だけ、だったんですね。

 

それが、このような、首からぶらさげない形の財布とも兼用ができるパスポートがケースがあると、つい先日の旅行でも感じた3つの問題点がまとめて解決ができる!と感じて、即購入にいたって、レビュー記事を買いているとうわけです。

パスポートケースとかトラベルオーガナイザーなるものがあったら解決できる三つの利点

海外旅行出発準備に伴う、財布周りの下準備が一気に楽になる!

さて、みなさん、海外旅行に行く時は財布の中の整理はしますでしょうか。

私はします。

余計なカードを持って行きたくないんですよね。

赤ちゃん本舗とか、餃子の王将の会員カードとか、漫画喫茶の会員カードとか、病院の診察券とか、Pontaカードとか、いろいろあるカードを置いていく儀式があります。

それが、このようなパスポートケースであれば、財布すら置いて、いける!

これは嬉しいです。

まぁ、無くしてはならないものですが、財布を海外に持っていく必要が無くなるのは私にとってはとっても嬉しいことです。

私の財布はそれなりにお高いもの(キプリスのコードバン。これはこれでいつかネタに詰まったら、レビューにしようと思ってます。)なので、すられやすいであろう、財布を置いていけるのであれば、精神の安定に繋がりますからね。

それが、パスポートケースに必要なものを入れておけばそれでOK!になるとかなり便利に思えます。

航空券と、パスポートをまとめて管理ができるメリットは計り知れない。

航空券も結構困ります。

一人だったらパスポート挟んでおけばいいという方もいらっしゃると思いますが、私は家族5人分のセブ島旅行ではちょっと、わずらわしかったんですよね。

パスポートだけをチェックされる時に航空券を全部渡すのもなんかおかしいし、逆もまたしかりです。

また、パスポートに挟んでいた航空券がスルッと落ちて拾っていただいたことがありました。これだって、一歩間違えれば大惨事!そんなヒヤリハットな経験もあるので、こっちのスペースにパスポート!こっちのスペースに航空券!という定位置ができるとこれまた、精神の安定に繋がります。

ちょっとした精神の安定のメリットは海外旅行にの際には計り知れないものだと私は思います。

入国審査書類を渡されるたびにボールペンを捜索する人生とおさらばしたい

私今年、海外3回いっているので6回、入国審査書類を買いているんですよね。そのうち、記憶にある限り3回ボールペンを探しました。

うち1回はあきらめて奥さんに借り、うち1回は探すことすら放棄をして CA さんにボールペンをお借りしていましたね。

なぜだか、私のボールペンというものは旅に出たがるのです。

仕事用のボールペンはノートカバーという定位置があるのですが、海外旅行の場合はそんな定位置はございません。

なので、上記のようなボールペン探しをする羽目になるんですよね。

まぁ、だらしないだけなんですけど、そこに定位置ができるというのはやはり精神の安定につながります。

実際に無印良品のパスポートケースにセッティングをしてみた

私が海外旅行に行くにあたりパスポートケースに収納されてしかるべきものは以下のとおりです。

  • パスポート
  • eチケット(プリントアウト)
  • スーパーフライヤーズカード(VISA Gold)
  • ANA プラチナメンバーズカード
  • 免許証
  • JAFカード
  • 保険証
  • ボールペン
  • 日本円(お札)
  • 現地通貨(お札)
  • 現地通貨(コイン)
  • 航空券

これらをすっきり呑み込んでくれるかは結構ドキドキです。

 

あ、飲み込んでくれたかの写真のその前に、私にはそこまでお金に余裕もなく、無印良品も好きなので無印良品のパスポートケースを選択しましたが、お金があるなら、吉田カバン大好き人間として、こちらのパスポートケース・トラベルオーガナイザが欲しいという主張をしておきます。

これを選ばず、無印良品選んだところが、典型的サラリーマンだと我ながら思います。

 

ということで、すっ切り飲み込んでくれた、無印良品のパスポートケースの姿はこちら!

 f:id:demekingyobachi:20170812215826j:plain

パスポート5冊ちゃんと収納されてます。

 

 ファスナーもしまってすっきりです。

あえて難点をあげるなら以下の二つでしょうか。

  • 日本円と現地通貨のお札を分けて収納するのは難しい。
  • 日本円のコインが発生してしまったら分けて収納するのは難しい。

 両方とも、現地についたら、日本円は別にしてしまうなど、いくらでも対応はできるものではありますね。

全てのものを一箇所に集めるということにたいして、リスク分散への懸念がある方もいるかもしれませんが、私個人はものすごく大事なものが何箇所にも分かれるよりも、このように一つにまとまっていた方が、気が楽です。

 

こんな、海外旅行に向けた精神の安定のための1,200円の無印良品のパスポートケースは、ちょうど、在庫整理で2017年8月7日現在は30%OFFで売っていました。

次の海外旅行がまた一つ楽しみになる、ちょっとした小物が増えましたよというお話でした。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ