典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と

7歳.3歳.0歳を育てる典型的サラリーマン空&陸マイラー。飛行機(ANA)、物欲、旅行欲など、典型的サラリーマン向けに情報発信をしています。

三井住友カードの「ココイコ!」を徹底解説!キャンペーンはアウトレットや百貨店のセールでANAマイル還元率最大7.12%!カラオケなら13.87%も!

ANA VISA カードを使っている陸マイラーにとってカード決済のANAマイル還元率7%は意味がある!ココイコ!キャンペーンが続いているの、拡散を期待しながら記事にします。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

年初当初から「ココイコ!」というサービスについて、定期的に言及を続けてるのですが、ほとんど陸マイラーブロガー界隈では話題にならないですね。

すっごいお得だと個人的にはおもっているのに、なんか残念。

私は「ココイコ!」のキャンペーンを使って、アウトレットモールで念願のゼロハリバートンのアルミのスーツケースなどを 30% OFFでゲットした際に12,000マイルなどを一発でもらう!とかもやっているのですが、いかんせん存在が地味なんですよね。

理由は「ココイコ!」がわかりづらすぎるか。

2017年第四四半期も無事にキャンペーンは打たれています。

このキャンペーンにのっかる方が少しでも増えれば、サービス拡充だってあり得ると思うんです。いつかは「ららぽーと」に拡充して欲しい、、、。そんな「ココイコ!」サービスについて改めて、徹底的に書いてみました。

なお、このブログは「ANAとマイル」のことを綴るブログですので「ANA VISA ゴールドカード」は持っていることポイントサイトの基礎知識を持っていることこの二つの前提をまずつけさせていただきます。この前提が不安な方はこちらの記事にぜひお立ち寄りください。飛行機を使った国内外の旅行が「ぐっ!」と身近なものになりますよ!

f:id:demekingyobachi:20171028160642p:plain

[:contents] 

陸マイラーが「ココイコ!」のサービスを知る前に知らなければいけない基礎知識は「ANA VISA ゴールドカード」のポイントの仕組み

「ココイコ!」は本当に、本当にわかりづらい仕組みだと思いますので、改めて整理をしておく記事。

その前に、大前提の知識として、ANA VISA カードに置けるポイント「通常ポイント」「プレミアムポイント/ボーナスポイント」の違いを理解するところから始める必要がありますので、まずはANA VISA ゴールドカードのポイントの仕組みを解説します。

 

さて、ここで、

「ANA VISA ゴールドカードのマイル還元率は何パーセントなのか?」

という問いかけをさせてください。

 

普通の方の回答であれば、「1%です。」ですよね。

陸マイラーさんであれば「1.72%です。」と答える方も多いでしょう。

ココイコ!の良さを理解するために、まず、これを紐解きます。

 

まず、「マイル還元率1%です。」の仕組みを解説します。

「マイル還元率1%」ということは、10,000円の買い物をしたら100マイルになるんです。

 

ただし、この1%のマイル還元は直接マイルに還元される訳ではありません。

一度VISAカードにおける「VISAの通常ポイント」をさらにANAマイルに変換をするという作業が必要です。

この間にある「VISAの通常ポイント」の還元率は1%ではありません。

「VISAの通常ポイント」のポイント還元率は0.1%なんです。

10,000円のお買い物をしたら「10 VISAの通常ポイント」になるんですよね。

 

「ANA VISA ゴールドカード」の場合はこの「 VISA の通常ポイント」を1ポイント10マイルにできるので、最終的には以下の数式の通りマイル還元率は1%になるんですよね。ちなみにゴールドではないANAカードの場合は1ポイント5マイルなので、マイル還元率は0.5%になる訳です。

 

10,000円x0.1%=「10 VISAの通常ポイント」x10=100 ANA マイル

最終的に10,000円で100ANAマイルなので、「ANAマイル還元率は1%」

まず、これが通常ポイントの仕組みです。

 ここまではOKですよね?

 

次に、「マイル還元率1.72%です。」の仕組みを解説します。

 通常の1%のマイル還元率に0.72%も増える!ということになるんです。

0.72%についてどのようにもらえるのか?という話になるわけですね。

この0.72%を理解するために、VISA独自の「ボーナスポイント」を理解する必要が出てくるんです。

「ボナースポイント」は「それなりにクレジットカードで決済をしまくったらおまけでポイントをあげますよ。」というポイントです。

ある程度使った人を優遇する制度になっており、以下の通りのテーブルでもらえるボーナスポイントが決まってきます。

f:id:demekingyobachi:20171029114042p:plain

この一番いいステージの場合、前年度300万円以上の決済をする必要があります。毎月の決済額が25万円以上が必要になります。

私のような家庭を持っている典型的サラリーマンであらゆる決済をANA VISA ゴールドカードに集中させているので、300万円の決済は確実に超えるということがわかりました。

ANA VISA ゴールドカードのマイル還元率、1.72%を実現するには最低限、300万円毎年決済する必要があります。

テーブルを見てわかる通り、10万円のご利用ごとに60ポイントの「ボーナスポイント」がもらえるわけです。つまり「0.06%のボーナスポイント還元率」で「ボーナスポイント」がGetできます。

さて、この「ボーナスポイント」をANAマイルに変換するときに「VISAの通常ポイント」との違いが出てくるんですね。「通常ポイントは1ポイントあたり10マイルに交換」となるのですが、「ボーナスポイントは1ポイントあたり3マイルに交換」というポイントの扱いの違いが出てきます。

では、先ほどの例に沿って、10,000円のお買い物をしたときのボーナスポイントのマイル還元率に計算をしてみましょう。(実際ボーナスポイントの付与は10万円単位です。)

10,000×0.06%=「ボーナスポイント」×3=18ANAマイル

ですね。つまり0.18%のANAマイル還元率になるわけです。

あれ?これだと、1.18%の還元率です。私が先ほど書いた還元率は1.72%。

全然足りません。

この0.54%の差分を埋めるためにするべきことが二つあります。

  • ソラチカルートの活用
  • マイ・ペイすリボの活用

ボーナスポイントのソラチカルートの活用

ソラチカルートって何?な方はこちらの記事を読んでくださいませ。

このVISAのポイントはポイントサイトのポイントに変換ができるんです。

具体的に、ソラチカルートに乗せるにはGpointかPexに変換sルウのですが、VISAのポイントは1ポイントあたり、5円分のポイントになります。 

なお、このポイントサイトへの交換にあたり「VISAの通常ポイント」と「ボーナスポイント」の交換レートに違いがないので、間違ってもVISAの通常ポイントをポイントサイトのポイントに変換するということがないように注意してください。めっちゃ損します。

先日Pexの交換レート改善がされ、ソラチカルートへの手数料がなくなりましたので、Pexのほうがオススメでしょうか。

このルートを通すことによって、10,000円のお買い物でのANAマイルへの還元率が変わります。

10,000円×0.06%=「ボーナスポイント」x5=「ポイントサイトのポイント」×0.9=27ANAマイル

です。0.18%のANAマイル還元率が0.27%まで改善しましたね。

ボーナスポイントの「マイ・ペイすリボ」の活用

前述のとおり、ボーナスポイントのANAマイル還元率0.27%では、まだ1.72%までに0.45%分届きません。そこで必要になるのが「マイ・ペイすリボ」の活用です。

「マイ・ベイすリボ」の特典の一つに「ワールドプレゼントポイントが2倍にアップ」があるんです。f:id:demekingyobachi:20171029122046p:plain

上記の通り、「通常ポイントと同数のボーナスポイント」がもらえるわけですね。

「VISA の通常ポイントの還元率は先ほども記載しましたが、0.1%が「VISAの通常ポイントの還元率」でしたよね。

つまり、「マイ・ペイすリボ」で手数料を発生させたうえで、10,000円のお買い物をしすることで、先ほどの27ANAマイルにさらにANAマイルを上乗せすることができるわけです。

10,000円×0.1=「ボーナスポイント」x5=「ポイントサイトのポイント」×0.9=45ANAマイル

これで、ANAマイルの還元率は0.45%になるんです。

この「マイ・ペイすリボ」の活用で、不足分0.45%を補うことができます。

 

「マイ・ペイすリボ」はあらゆる決済をリボ払いに自動的にするVISAカードのサービスですね。当然、恐ろしい金利手数料がかかるリボ払い、やりたくない!人がほとんどだと思いますが、毎月のリボ利用額を毎月変更してあげれば、金利の発生は20円以下に抑えられます。(本気で考えれば1円でもいけるのですが、これを真面目に書くと数千文字コースですし、先人の詳細解説ブログもたくさんあるので、本記事では、割愛させていただきます。)

「マイ・ペイすリボ」に登録をすると3,500円のANA VISA ゴールドカードの年会費の割引もありますので、活用しない手はありません。

 

ここまでのお話をまとめますと、以下の3つのポイントを抑えて、ANAゴールドカードのマイル還元率は1.72%になります。

ここまでがANA VISA ゴールドカードのポイントの基礎知識となる訳です。

  • VISAの通常ポイントのANAマイル還元率1%
  • ボーナスポイントのステージ3をソラチカルートを通してANAマイル還元率0.27%
  • マイ・ペイすリボ払いでもらえるボーナスポイントをソラチカルートを通してANAマイル還元率0.45%

 「ココイコ!」の年末までのキャンペーン冬のセールに買い物をして、使ったお金のANAマイル還元率が7.12%!

ここまでのお話で、ANA VISA ゴールドカードのポイントの仕組みはご理解いただけたかと思います。

ここからが本題となる「ココイコ!」のお話となります。 

2017年末まで続く、ココイコのキャンペーンは以下の通りです。

f:id:demekingyobachi:20171028160557p:plain

ここに書いていることを理解するためにはまず、ココイコのサービスを理解をする必要がありますね。当ブログは「ANAとマイル」のブログなので、キャッシュバックには触れずに、「ポイント」に的を絞って、いかに「ココイコ!」に乗っからないことが損であるか!をお伝えしたいと思います。

「ココイコ!」の公式はこちらです。エントリーしたらポイントが増える!そういうことがなんとなくわかると思いますが、具体的にはめちゃくちゃわかりづらいと思います。

ということで、ここから、「ココイコ!」のポイントがどのように付与されるかを紐解いていきますね。

まず、「ココイコ!」のポイントは「プレミアムポイント」というポイントで払われます。この「プレミアムポイント」は名前が違うだけで、前述のVISAの「ボーナスポイント」と何一つ違いはありません。ボーナスポイント=プレミアムポイントです。

三井住友の中の人の企画担当が縦割りで名前が違うだけなのは間違いありません。

ざっくり言うと「ココイコ!」は事前エントリーしたお店でVISAカードを使うと「VISAの通常ポイント」にさらに「プレミアムポイント」プラスされるサービスと覚えてください。

f:id:demekingyobachi:20171029144917p:plain

例えば、こちら、「大丸」さん。東京駅前にもあるので、たーまに利用させていただきます。ここにポイント「3倍」とありますね。

ポイント付与についてですが、「ココイコ!」公式のQAには以下のように記載されています。

  • Q.10 ポイントはすべてプレミアムポイントで付与されますか?
  • A.10 商品代金のご請求時に通常の1倍分を、上乗せとなる倍率分をプレミアムポイントとして付与いたします。尚、プレミアムポイント付与の対象は、商品代金(税込)となります。

完全に日本語が破綻しています。全くワケ分かりません。

問い合わせもしましたし、散々活用した結果、把握した内容を書いてみます。

上記の大丸さんの「3倍」を前提に10,000円分のお買い物をすると以下のルールでプレミアムポイントが付与されます。数式的にはこんな感じです。

10,000x0.1%x(3−1)=20プレミアムポイント

上記がこの、「ココイコ!」で付与されるポイントになります。

「(3−1)」の部分ですが、3倍のうち、1倍分は「VISAの通常ポイント」で払われる1倍分なので、お得な部分は(3−1)の2倍分がお得!となる訳です。

20プレミアムポイント分を前述のボーナスポイント同様、ソラチカルートに乗せてあげると以下のとおり、ANAマイルに交換ができるんです。

20プレミアムポイントx5=100ポイントx0.9=90ANAマイル

10,000円のお買い物に対して、0.9%の還元率の上乗せです。

1.72%の還元率に0.9%の上乗せで2.62%のANAマイル還元率になってきています。

これ、結構おっきい、気がしませんか?

ここまでを理解をした上で、改めて、年末までの「ココイコ!」のキャンペーンを見直してみましょう。

f:id:demekingyobachi:20171028160557p:plain

年末まではポイント+5倍、プレミアムフライデーはポイント10倍ということです。

これは先ほどの大丸さんの3倍を例にとって10,000円のお買い物をした場合以下のとおりプレミアムポイントがもらえます。

年末まで

10,000x0.1%x(3+5−1)=70プレミアムポイント

プレミアムフライデー

10,000x0.1%x(3+10−1)=120プレミアムポイント

こうなってくるとお分かりいただけるかと思いますが、結構いい感じのANAマイル還元率になってきます。

それぞれのプレミアムポイントをソラチカルートにのせてANAマイル還元率に乗せて交換をしてみましょう。

年末まで

70プレミアムポイントx5=350ポイントx0.9=315ANAマイル

プレミアムフライデー

120プレミアムポイントx5=350ポイントx0.9=540ANAマイル

ANAマイル還元率にすると年末まで3.15%プレミアムフライデー5.4%が上乗せされます。これは、還元率1.72%のANA VISA ゴールドカードの還元率に対しての上乗せになります。

あくまでも「大丸」でプレミアムフライデーで活用した場合ですが、1.72%+5.4%=7.12%のANAマイル還元率が達成できるという寸法です。

 「ココイコ!」の年末までのキャンペーン、カラオケ行って、忘年会・オフ会で使ったお金のANAマイル還元率が13.87%!

現時点で「ココイコ!」に置ける最大の還元率は「カラオケの鉄人」さんです。

ポイント付与は通常の状態で18倍!

カラオケって皆さん行くんでしょうか?

もちろん人によるとは思いますが、年末は忘年会など行く機会もあるんじゃないかなと思います。

そんな「カラオケの鉄人」をプレミアムフライデーで利用するとこんな感じです。

10,000x0.1%x(18+10−1)=270プレミアムポイント

270プレミアムポイントx5=1,350ポイントx0.9=1,215ANAマイル

12.15%の ANA マイル還元率です。基本の1.72%と合わせると13.87%のANAマイル還元率ですね。陸マイラーオフ会の二次会などでいかがでしょう?

私の場合たまたまですが、行く機会が増えて、一つ驚きがありました。

めっちゃ痩せます!

この二ヶ月でほぼ週一ですが、ダイエットへのモチベーションが落ちている中で、着実に体重が落ちたんです。大きな声を出す乗ってストレス解消にも確実になりますし、今更ではありますが、カラオケっていう趣味、悪くないかもと思いました。

 

こんな感じの「ココイコ!」いかがでしたでしょうか?

 

12月ボーナス時期&クリスマス&セールでかなり財布の紐を緩ませざるを得ない時期。

また、多くの会社で、12/29のプレミアムフライデーはすでに年末、年始休暇が始まっていることかと思います。

「どうせ買うなら、つかわにゃ損!」の「ココイコ!」のキャンペーン。

決済でもマイルを貯める陸マイラーとしてはめちゃくちゃ良いサービスなのですが、いかんせんマイナーな存在と言わざるを得ません。この手のサービスは使われてなんぼ、ぜひ、拡散して、サービスの継続、充実に繋がっていって欲しいというお話でした。