典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と

7歳.3歳.0歳を育てる典型的サラリーマン空&陸マイラー。飛行機(ANA)、物欲、旅行欲など、典型的サラリーマン向けに情報発信をしています。

羽田発の伊丹空港行きの便で当日プレミアムアップグレードに成功し、ANAプレミアムクラスのGOZENを夕食として美味しくいただいたお話

ANA国内線最大のビジネス路線である羽田ー伊丹のプレミアムクラスアップグレードができたので夕食のプレミアムGOZENの感想とともに、喜びを綴っています。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

つい先日、早朝便で伊丹発ー羽田行きの国内線でプレミアムクラスデビューをいたしました。

今回は夕飯の時間帯で羽田発ー伊丹行きという競争率がそれなりに高いであろう、便で、プレミアムクラスアップグレードができたので、喜びと合わせてプレミアムGOZENの贅沢さを綴ります。

プレミアムアップグレード発表はワクワクドキドキの発表会の形式

プレミアムクラスへのアップグレードのやり方はANAプレミアムチェックインに入っていって、当日アップグレードはできますか?といって、チェックインチケットをもらいます。

f:id:demekingyobachi:20171022154202p:plain

こんな感じのチケットが配られるんですね。

ANAのプラチナ、ブロンズ、SFCはみなさん、種別「A」になります。ダイヤモンドメンバーさんはさらに優先順位の高い種別「S」一般の方は種別「B」ですね。

私は今年はプラチナメンバー、今後もSFC会員として生きていくので種別「A」があてがわれました。種別のあとの番号は早いもの順となり、A7、A8と呼ばれていくわけです。上記の通り、今回はA8の番号となりました。

プレミアムチェックインの際にアップグレードを申し込むのですが、その際にアップグレードポイントの確認がなされます。

国内線のプレミアムクラスへのアップグレードはアップグレーポイント4ポイントを利用してアップグレードすることができるので、なかなか使い道のないアップグレードポイントはプレミアムクラスアップグレードに利用するのが私、でめさんのたどり着いた満足度の高い使い方だと思います。

f:id:demekingyobachi:20171022153244j:plain

そして搭乗口で発表を受けるわけです。だいたい搭乗が始まって、一般入場の終わりかけくらいでアップグレードができるかどうかが発表されます。

優先搭乗をしたくても少なくとも伊丹行きの便ではできない時間帯から発表されます。

ここで、先ほどの種別が効いてくるわけです。種別Cってなんだろ。。。

少なくとも今回は種別Aが4人、種別Bが8人並んでいることが見て取れますね。

私は種別A8だったので、二番目に呼ばれました。そして、私の順番でプレミアムシートは埋まってしまったアナウンスも同時になされておりました。若干の心苦しさを持ちながらも「ラッキー」と思わざるを得ない、やつですね。

空席待ちではなく、予約状況を見て変更をしてしまうというやり方も修行僧の方は行っていると思いますが、そこまで絶対に!というほどではない、伊丹空港へのプレミアムクラスアップグレード狙いのこの順番待ちはなかなかドキドキで面白いものです。(現在、一勝一敗の戦績でございます。)

ダイエットをしている人にはこんなにいいものはない!プレミアムGOZENは美味しくて満足できて、低カロリー優れもの。

今回利用したプレミアムクラスは17:00からのフライトでした。つまり、プレミアムGOZENの夕食が提供される時間帯です。

2017年10月の羽田初の国内線のプレミアム午前はこちらの料亭が監修した機内食を美味しくいただけるわけです。

日本料理 よし邑 東京都板橋区蓮根にある「よし邑」は一千坪の敷地面積を誇り、広大な庭園と伝統的でありつつモダンな空間。日本各地から厳選して取り寄せた旬の食材を使用し、素材の味を活かしたシンプルでありながらも味わい深いメニューを取り揃える。「器は料理の着物」として厳選された器を使用、選び抜かれた木のテーブルや檜の一枚板を使用したカウンターなど「よし邑」ならではの贅沢な空間でお料理を楽しむことができる。

個人じゃ絶対に行かなそうなプロフィールなお店ですね。最高の贅沢はホテルの食事が限界な典型的サラリーマンです。

f:id:demekingyobachi:20171022153252j:plain

提供される感じはこんな感じです。国際線のエコノミーより明らかに豪華そう。

f:id:demekingyobachi:20171022153303j:plain

メニューはこんな感じですね。いろんなものがあって、460kcalです!普通に夕飯を外食でとったら、軽く1,000kcalになったりもする中、500kcal以下で、ご飯も、タンパク質も、お野菜もとれて!美味しい!これはダイエットをするものとしては、最強の夕食ではないでしょうか。

f:id:demekingyobachi:20171022153310j:plain

炊き込み御飯なんかなかなか食べる機会もありません。

f:id:demekingyobachi:20171022153315j:plain

小さい器にも関わらず、何種類の食材が利用されているのでしょうか?

f:id:demekingyobachi:20171022160547j:plain

お味噌汁も味がしっかりとついてて美味しい!ほっとする時間を過ごせます。

こういった美味しいご飯を空の上で食べ終わったら、もう直ぐにシートベルト着用サイン。この無駄のなさが羽田ー伊丹のプレミアムクラスの良さですね。癖になりそう。

ちなみに、私のお隣にすわっていらっしゃた私とは違う、本当のお金持ちのプレミアムクラスユーザであろう紳士は食事を断り「ペリエ」をオーダーしてました。

なにそれ、「ペリエ」なんてあるの!?

っていうことでびっくりしたりするプレミアムクラスです。

もちろん、プレミアムクラスの「快適さ」というのも魅力としてはありますが、プレミアムGOZENの時間に飛ぶと、夕食もこちらで十分ですしかつ健康的、な夕食が一食いただけます。

これからもたまーにはプレミアムクラスに乗りたくもなるでしょうから、その際は夜の時間に狙って行こうと思ったというお話でした。

 

*よろしければこちらもお立ち寄りください。*