典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と

7歳.3歳.0歳を育てる典型的サラリーマン空&陸マイラー。飛行機(ANA)、物欲、旅行欲など、典型的サラリーマン向けに情報発信をしています。

経済産業省 presents なウェブサイト「FIND/47」は旅するブロガーにはとっても良い著作権フリーな日本風景アーカイブサイトだと思う

自分で撮った写真をできるだけ使いたいですが、写真愛好家さんの写真もアイキャッチに入れたい時ってやっぱりあります。そんなサイトを経済産業省が作っていた事をしったので活用していきたいというお話です。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

私、陸マイラーという飛行機で旅をする活動をしているので、同じ趣味を持っている、旅系のブログをよく見かけます。もちろん海外旅行にマイルを使うのも素晴らしいと思いますが、日本人として生まれているので、日本の事も知っておきたいという気持ちもありますよね。

ただ、どこが見所なんだろう?観光スポットなんだろう?とかって、なかなかわからないと思うんです。

観光案内所だって、基本的にはお金をとる設備の200円割引券がおいてあるだけとか、っこう多いですからね。もっと風景とか、建物とかを堪能したいという思いがあるんです。

そんな悩みを解決ができそうなサイトがFIND/47というサイトがあることを知ったので、紹介をしてみたいと思います。

 「FIND/47」とはどのようなサイトか?をお伝えしたい

このサイトの製作はなんと経済産業省が主管しています。2017年4月より「PHOTO METI」という名前から「FIND/47」という名前にリニューアルされたサイトです。

全国の自治体を統括する総務省でも、文化を統括する文部科学省でもなく、何より観光を統括する官公庁ではなく、「経済産業省」が統括です。

官公庁の事を色々考えるとちょっと「なんでMETIなん?」と思いますが、プロジェクトの趣旨はこちらの通りです。

FIND/47に掲載されるのは、日本各地の美しい自然、歴史的な建造物、地域のお祭りや行事などの「情景写真」。美しい風景を切り取った写真は、プロ、アマ問わず様々な写真家がこれまでも撮り続けてきました。

しかし、それらを日本中へ、世界中へ発信していく仕組みは整っていませんでした。FIND/47は、掲載された写真を、世界中の人が自由に使える仕組みです。

写真を見ることで、写真が使われることで、まだ見ぬ日本の美しさに出会う。そして、日本を旅したくなる。そんなフォトアーカイブを、みんなで作り上げていく仕組みがFIND/47です。

構想、とっても素敵です。

アフロさんをはじめとした有料の写真で商売をする人たちにとっては「国のお金でこんな事をやられたらたまったもんじゃない!」って思ったりする人もいるのかな?とちょこっとだけ思いますが、まぁ、上がってくる写真も相当限られたものですし、ぶつかるようなものではないと思います。

そんな仕組みを「エリア別」「シーン別(風景別)」「季節別」で探せるアーカイブサイトになっています。

まだまだ、数量は少ないですが、基本的には商用利用も含めて、著作権フリーという事なので、大手のメディアも使えますが、我々一般ブロガーも気兼ねなく使えるのが嬉しいですよね!

「FIND/47」は旅するブローがのネタ探しに使える!

さて、どんな使い方をするのか?と考えると、やっぱり旅先を考える一つのネタになるのではないでしょうか。

f:id:demekingyobachi:20170918112639p:plain

愛知県でこんな感じの豪快なお祭りがあったり。

f:id:demekingyobachi:20170918112336p:plain

広島にこんな街並みがあったりとか。

f:id:demekingyobachi:20170918111259p:plain

 なに?岐阜城ってこんな感じ建ってるの?とか

f:id:demekingyobachi:20170918112739p:plain

佐賀県でやってた熱気球世界選手権めっちゃ見たい!とか

f:id:demekingyobachi:20170918112915p:plain大分でこんな火柱みれるの!?とか

ちょっとだけ切り出してみましたが、なかなか、こういったお祭りだとか街並みだとかをざーっっと、みて「おっ?」って見るようなサイトって実はないと思うんですよね。

通常の旅行系ポータルサイトはどうしてもお金が絡んじゃいますし、Photohitoのような写真アーカイブサイトは量が多すぎてピンポイントで見るのは難しい。

それが、経済産業省という税金で基本的にまかなっていて、「お金」が主軸で動かない運営となりますので、フラットに探しやすい環境が整っているように感じます。

こういう写真をみて、実際に行ってみて感想記事なんてのも旅するブロガーにとってはネタ探しの一環で使えるかもしれませんよね。

f:id:demekingyobachi:20170918115353p:plain

私はこの写真をみて、来年の夏は山梨県の「尾白川」に行ってみようと思っています。

もちろん、ただただ、ブログのアイキャッチに著作権フリーの風景写真をなんとなく使う的な使い方にもいい写真たくさんあると思います。

せっかく旅するブロガーなんだから投稿をしてみてもいいのでは?

こちらのサイト以下の要件を満たした上で、審査を経れば写真の掲載もされるかもしれません。

  • 日本国内の情景写真であること
  • その地域や、その場所らしさが表現されていること
  • そこに行ってみたくなる、誰かに紹介したくなる写真であること
  • 新しい魅力の発見や出会いがあること

「情景写真」とは、人が風景に出会う事によって撮られた写真です。大事なのは、足を運ぶこと。個性よりも光景、メッセージよりも出会い。撮影者がその瞬間に新たに立会ったことを大切にします。

もちろん、写真アーカイブサイト、自らのブログ、SNSで後悔している写真愛好家の方もたくさんいらっしゃると思いますが、本気で写真をとっている方であれば、せっかくなので、「国」の企画に乗っかても面白いかもしれませんね。

旅するブロガーさんは写真が好きな方も多いと思いますので、こういう所にネタ提供をすることで、よりブログネタと社会貢献の両立!みたいなこともできるように思えます。あとは、地元貢献にもなるかもしれません。

 

ブログの記事を書いていて、改めて、思ったのですが、「地域」と「写真」がここまで綺麗にまとめられているサイトを私は知りませんでした。

こんな、「FIND/47」まだまだ、規模も小さいですが、今後ちゃんと運営がされていけばそれなりにいいものになるのでは?という期待をもっています。

いわゆるハコモノ行政のIT版と同じようなものかもしれませんが、ちょっとしたサーバと運営費用なんて、建物整備運用と比較すれば数百分の1くらいでしょう。(予算要求書とかまで調べてませんが。)

せっかく、税金突っ込んで作っているものです。日本国民であれば、もっとこういうサイトは使っていた方がいいと思いますし、使われるには広がらなきゃ使われないので、ブログネタにしてみた!というお話でした。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ