典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と

7歳.3歳.0歳を育てる典型的サラリーマン空&陸マイラー。飛行機(ANA)、物欲、旅行欲など、典型的サラリーマン向けに情報発信をしています。

ビルケンシュトックの Arizona とArizona EVA を比べた上で、感想を伝えたい

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

夏も終わる今なのか?という思いもありますが、ふと、ショップに寄ったらサンダルのセールとかもやってるし、もしかしたらニーズあるかも!?と思って、ビルケンシュトックのサンダルの事を書いてみたいと思います。

f:id:demekingyobachi:20170817213105p:plain

ドイツ生まれのサンダルメーカー、ビルケンシュトックとは?

サンダルメーカーというと語弊がありますが、日本人にとっては20代、30代の夏の休日に大人が履く事が許される数少ないサンダルブランドでしょう。ビルケンシュトック。発音でもなんとなく想像のつく、ドイツブランドです。

コルクのソールがが特徴的で、もともと、足にフィットしやすい形で、もし「やっすいサンダルやビーチサンダルしかサンダルなんて履いた事ないよっ」という方がいたら絶対に一度は履いてみて欲しいサンダル。

ブランドのスタートは1774年、日本では杉田玄白が解体新書をまとめあげたと言われている年に、生まれたとてもとても歴史のあるブランドです。

もともとは靴屋だったのですが、第一次世界大戦の時期に野戦病院用の靴を作るようになり国家の援助も受けるようなって一気に拡大。医療用の靴としてヨーロッパ中に広がりっていたという歴史があります。

日本国内では「サンダルブランド」のイメージですが、サンダル自体は1900年代中盤、ブランドスタートから200年近くたってから生まれたんですよね。間も無く創業250年。世界で5指に入るフットウェアブランドなんですよね。

という、バックグラウンドも踏まえて、私でめさんはずっとサンダルはビルケンシュトック一筋で生きてきました。

Arizona一筋10年ちょっと、今のArizonaは3代目

ビルケンシュトックのアリゾナというモデル

確か、社会人になって、ちょっとたってからやっと買える!と思ってかったのでかれこれビルケンシュトック歴は10年をすぎると思います。

それから、ずっとArizonaというシリーズを履いています。

この白いので3代目。そろそろヒールも削れまくってきており、コルクも限界で今期でおしまいかなと思っています。

f:id:demekingyobachi:20170817204157p:plain

下手な「サンダル」という形ですね。履き込んでいるので汚れている感じはご容赦を。

サンダル=ビーチサンダルだった私からしたら、信じられないくらい安定感があるんです。

アンクルストラップがなくても、全然問題なく小走りができるフィット感。

見ていただいてわかる通り、ヒールカップがあったり、指のところもしっかり凹凸があったり、土踏まずのところもラウンドしていたりと、フラットなサンダルとは全く訳が違います。

作りだけ考えたらこれで定価で9,000円なんだから、9,000円の革靴と比べたら断然こっち!というくらいのコストパフォーマンスだと思います。

他のちゃんとしているサンダルを履いていないので、比較が全くできていないのですが、もう、これ以外履く気がしていません。

ブラウン→ホワイト→ホワイトで、次もホワイトかなと思ってます。

夏だから明るい格好がしたい。

「そもそも、 サンダルってどーよ?」っという話もあろうかと思いますが、夏の休日はサンダルが楽なので、もし、サンダルは脱げやすくてやだなぁという方がいらっしゃったら、ぜひビルケンシュトックは一度お試しの価値ありだとおもます。

ビルケンシュトックの Arizona EVA モデル

ビルケンシュトックといえばコルクサンダル!というイメージが完全に刷り込まれていたでめさんですが、今年はやたらとセレクトショップでEVA素材のモデルを見かけました。

どうやら2014年から販売されているようですね。

こちらの記事で書かせていただいた通り、今年はセブ島で家族揃ってバカンス!を決め込もうとしていたので、たまたま目に付いただけかもしれません。

EVA素材は軽くて撥水性がたかいということで、ビルケンシュトックではビーチサンダルとしては最適!という製品だと臣生ます。

ということで、一家で揃ってEVA素材のビルケンシュトックを購入してみました。

f:id:demekingyobachi:20170813221923p:plain

子供用はアンクルストラップ付き。(もちろんビルケンシュトックです。)

この写真は旅行から帰ってきてから撮ったのでロゴのところは消えちゃってますね。

で、履いた感想ですが、コルクのアリゾナとはまったくの別物です。

ビルケンシュトックとしての良さがかなり消えています。

ソールがコルクではないので、普通に履くとツルツル滑るんですよね。

コルクの安定感と比べると雲泥の差です。

もちろん、ビーチサンダルとしては必要十分ですしので、今後もこのビルケンシュトックのアリゾナEVAは使って行きますが、これを町歩きで推奨していたり、軽いから疲れづらいとか言ってる記事を見ましたが、「本当?本当に履いて書いてんの?」って思うくらいではあります。

「5,000円以内でビルケンが買える!」

みたいな煽りもありますが、そういう買い方をするものではなく、

「防水サンダルとしてビルケンが好きなら買う!」

事をお勧めしたいものである事をお伝えしたいと思います。

ちょっと、辛口でEVAモデルについては書きましたが、キャンプシーズンはこれからが本番で川遊びなどのパパのサンダルとしては悪くないと思います。

夏も終わる今なら実店舗でも20%OFFなどもあり、当たり前、ネットでは30%OFFも当たり前の様子です。

在庫は厳しいとは思いますが、以下のようにネットだと3,000円を切るようなお店もありました。ここで売り切らないと、EVA素材だと、特に、年越しはしたくないんでしょうね。

ビルケンシュトックというブランドが好きでしたら、そこまで高くない事を考えてもおひとつくらい試してみてもいいと思います。

 

なお、私はビルシュトック直営店さんで店員さんと話しながら書いましたが、やはりというべきか、EVA素材のものはワンシーズン買い切りがお勧めとの事です。

メインと違って、ワンシーズン4〜5回しか履かないのでもうちょっと持つとは思いますが、耐久性も要注意ですね。

 

クロックスよりはビルケンシュトック!中でも私はアリゾナが大好き!というお話でした。

にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ