典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と

7歳.3歳.0歳を育てる典型的サラリーマン空&陸マイラー。飛行機(ANA)、物欲、旅行欲など、典型的サラリーマン向けに情報発信をしています。

陸マイラーである私がSPGではなくIHGのホテルを使い続けている4つの理由

最近、ブロガーの皆様の中で何度か「SPGアメックスをもたない理由」という記事を拝見したので、私が貢ぐ先にしたIHGである理由を書いてみようと思います。お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

私がSPG派ではない理由は明確に二点です。

  • 「クレジットカードにかけられるお金なんて、ANAのスーパーフライヤーズカード以上にかけられるわけがない」
  • 「そもそもSPG系のホテルになんども泊まれるほど裕福なわけがない」

この二点であっさり終わってしまいます。要するにお金がないからSPGじゃないんです。お金が欲しい。。。

とはいえ、そんなにお金に余裕のない典型的サラリーマンである私もSPG愛好者の方と同様に、同様に(一般人からすれば)外資系セレブホテルとして認識されているでろうIHGのグループの一応上級会員資格を Get して、基本的にはまず、 IHG の公式から宿を探し出すという生活をするようになりました。

そんな典型的サラリーマンである私が、 IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ)を使い続けている理由を IHG と SPG の比較を意識しながらまとめて見たいと思います。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/demekingyobachi/20170520/20170520013020.png

理由1:国内ホテルの選択肢が広く、価格の割には十分すぎるほどラグジュアリー

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/demekingyobachi/20170611/20170611235241.jpg

*こちらは大阪のANAクラウンプラザホテルです*

これが最大の理由です。出張予算に入りうるホテルが国内に何件も存在するから。そして、その宿泊体験がめちゃめちゃ良いからです。

主にANAクラウンプラザホテルに宿泊することになるのですが、仙台であればホリデーインにもなりえます。私の勤める会社の出張予算は基本9,000円、東京・大阪はもうちょっと多くてもやむなし。というそれなりに余裕のある出張予算を設定してくれています。

SPGはマリオットを合わせてもそもそも地方にホテルがないことが多すぎますし、あったとしても100%予算に入りません。それが、IHGだと結構な割合で予算に間に合うんですよね。仙台・大阪・広島・金沢などがその代表です。名古屋にも結構泊まる機会があるのですが、残念ながら名古屋で予算にはまったことは一度たりともありません・・・。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/demekingyobachi/20170319/20170319091143.jpg

*ANAクラウンプラザホテルは空気感の統一もしっかりしていますね*

そして、椅子、机の作りがしっかりしているので、お仕事もとてもしやすいです。

前泊の時など早めに入って、コンビニや近くの安いご飯を食べてお仕事&オンライン英会話何てことも多いので、適当なビジネスホテルに泊まるなら、絶対にこういった良いホテル!という贅沢な体になっています。

そんないいホテルなのに、ちゃんと出張の予算に入るということはとても、とても重要なポイントになりました。

理由2:海外のホテルの選択肢だって十分に存在しているなかである程度レギュレーションにそったサービスが受けられます

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/demekingyobachi/20170604/20170604012218.png

*台湾のホリデーインももちろん快適に過ごせました。ちょっと街から遠いけど*

陸マイラーなので、もちろん海外にも出かけたいです。そして、 IHG であれば世界中に展開されていますよね。イギリスが本部ということもあり、どちらかというと欧州が強く、アジア地域は弱いという印象は否めませんが、どの国に行くにも、とりあえず私がいきたいというなところであれば、だいたい見つかります。

陸マイラーといえども、仕事で飛ぶことの方が現実的には多いので、ある程度均一的なサービスがどこの国に行っても提供されているという安心感は高いです。仕事で海外行く時って時間的な余裕もほとんどないので、受付で慣れない英語で四苦八苦したくないですしね。

これがSPGだと、日本国内ではビジネスユース(私のような平社員)向けにはほとんど提供されていないので、国内外の差を感じることになりますが、 IHG ではそんな心配は無用です。

理由3:IHG のポイントがめっちゃサクサクたまるのが快感

今年の3月の広島出張からIHGを優先的に使うようにしていたので、IHG歴にして半年の初心者もいいところな会員ですが、実績は10泊でした。

いただいたポイントは IHG 81,830ポイントです。ドイツ出張時に IHG を把握してたらもっと多かったという後悔も若干あります。

これは、IHGのキャンペーンがかなり大盤振る舞いなんですよね。

今年度のキャンペーンで3泊したら40,000ポイントキャンペーン何というのが大きかったと思いますが、それ以外の四半期ごとのキャンペーンなどでも、それなりにポイントをいただいています。

IHGのポイントは無料宿泊などにも使えますが1ポイントあたりの価値はちょっといまいちで0.6円程度換算が一般的なように思えます。

これがSPGの場合は宿泊ポイントではなくて、クレカの決済でポイントを貯めることが一般的でしょうか。無料宿泊はSPGの方がお得感はありそうですね。

もちろんポイントと無料宿泊がSPGの最大のベネフィットではないと思いますが、ただ、数字が増えていく快感度合いはIHGには叶わないのではないかなと思ったりします。

理由4:インターコンチネンタルアンバサダーという上級会員資格が実質無料で獲得できる

 

ポイントがサクサクたまるということに連動するのですが、インターコンチネンタルホテル限定の上級会員資格がポイントで買えるんです。

お金を払うと200ドルの会員権。ポイントだと32,000ポイントなんですよね。ちなみに更新は24,000ポイント。

もうすでに3年間分の資格を取るためのポイントは普通に使っていたら溜まってしまった状況です。

このインターコンチネンタルアンバサダーでIHG全体のゴールドメンバーにもなれちゃいます。

IHGのゴールドメンバーは客室アップグレードなどがないので、いまいちっちゃいまいちなんですけど、使えるものは使いましょうという感じかもしれません。

ただ、インターコンチネンタルホテルを使う上では絶大に効果を発揮します。

中でも客室アップグレード保証は素敵な仕組みですね。

こういった会員権を、普通にホテルに滞在して、サクサク溜まったポイントで支払えてたまーに、優雅なシティホテル滞在で上級会員としてサービスを受けられるのがとっても、とっても魅力的だ思います。

IHGにもっと頑張って欲しいところ!そこは東南アジアのビーチリゾートへの進出をもっと!

具体的にはセブ島・グアム・プーケット。この辺りにぜひ、ぜひ、進出をしてもらいたいところです。2019年にプーケットに進出するというところはとっても、とっても期待です。

日本から、子連れで行くことが大前提、そして英語を使いたいという理由で海外旅行にいきたいので、できるだけ近場、理想はグアムあたりに進出をしてもらいたいのです。

 

北朝鮮のせいで、グアムのホテル開発はしばらく厳しいであろうことも想像できますが、私にとっては、しばらくはIHGを中心にリゾート計画を立てていきたいと思いますので、IHGの方が、もし、見てくれたら、ぜひ検討してもらいたいと思う次第です。

 

陸マイラー界隈ではSPGアメックスの流行り方がすごいなと思います。私はあまりホテルの選択肢が多すぎても混乱してしまうので、何かしらかのグループを中心に回したいので、SPGアメックスも理想だとは思いますが、お金のかかり方もそれなり!カード決済はマイルにしていきたいという典型的サラリーマンです。

そんな方にはIHGホテル、お勧めできると思います!というお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

www.ana-mileage-shoes.net