典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と

7歳.3歳.0歳を育てる典型的サラリーマン空&陸マイラー。飛行機(ANA)、物欲、旅行欲など、典型的サラリーマン向けに情報発信をしています。

フィリピン革靴のブランド「Bristol」というマリキナ製の靴を買ったので、評判はどうか?口コミ・レビューを書いてみる

フィリピンの靴の街マリキナという都市のブランド靴Bristolというブランドの革靴を買ったのでレビュー記事を書きました。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

日本ブランドの革靴はもちろん好きです。靴はやはりアメリカ、イタリア、イギリスの靴に憧れを持っている人が多いと思います。最近はジャランスリワヤなんていうインドネシアブランドの革靴をどこのセクトショップも扱っていますよね?では、フィリピン靴は?全くイメージがありませんでしたが、調べてみると以外と面白いんじゃない?と思って買ってみたので購入レポートを綴ります。

フィリピンには靴の都としてマリキナという都市があるんです!

フィリピンに行くときに調べたのですが、どうやら靴の都としてマリキナという街があることがわかりました。ウィキペディアでは以下のような感じで紹介をされています。

マリキナは、フィリピンマニラ首都圏東部に位置する市。2002年の統計では人口は約39万人。

1987年に市に昇格。マニラ首都圏に位置するため、多の都市同様に地方からの流入者も多い。市内を流れるマリキナ川沿いには低湿地となっており、台風襲来時にはしばしば氾濫して被害が発生する。古くからフィリピンの産業を支え栄えてきた土地柄であり、革靴メーカーや職人などの形で市民の半数近くが何らかの形で靴産業に従事する。市内に存在するマリキナ靴博物館には、世界最大の革靴やイメルダ・マルコスが収集してきた靴の一部が展示されている

かなりの数の靴職人がいるようです。マリキナに行く途中のUberのお兄さんが割といろいろ話してくれる方でしたが、小さなお家で営む工場が多いそうです。もちろんビズポークのお店もあるので、長期滞在や頻繁にフィリピンに行く方は、ビズポークにチャレンジすることも良さそうですが、私は初めてのマニラしかもビジネスという訳ではないので、再度行く機会があるかというと非常に微妙な状況。

ただ、せっかく靴ブログをやっている以上はここまで靴にこだわりがある街があるフィリピン靴めっちゃ興味が湧いたんです。

では、どんなブランドがあるのか?というと、ぜんっぜん、情報がないんですよね。ファクトリーリストなどはなんとなく探すと出てくるのですが、ブランドリストは全く持って見つかりません。滞在先のオーティガスからもそんなに遠くないので直接行って見たりもしたのですが、所詮はと言っては失礼ですが、人口40万人の街、これまた、全然見つからなかったんです。

そこで滞在先のホリデイインマニラガレリアにくっついている「ロビンソンガレリア」というショッピングモールにあるデパートの靴コーナーに行ってみました。

フィリピンのショッピングモール、人件費が安いせいが人がたくさんいて、ちょっと見ているとかなり声かけが多く、面倒なのであまり行かなかったのですが、なんとかフィリピンのマリキナブランドを見つけたい!という思いから、英会話の上めっちゃ売り込まれるのが、ちょっと面倒になるとわかっていながら声をかけましたよ。

「マリキナ製の靴を探してるんだけど、どっかにマリキナブランドがあるの?」と。

そしたらこの

「 Bristol はマリキナ製ですよ。あとは海外ブランドばっかりですけど。」

とのことでした。

余談ですが、ROCKPORTとHush Puppies はいろんなモールで単独店舗を出しているように見えました。リーガルとかスコッチは一切見ませんでしたので、日本以上にアメリカンブランドが頑張っているようなイメージです。一応Clarksがあったからあれはリーガルってことでいいのかな。

「Bristol」は一番目立つところに広くと置かれていました。表裏で全部で4面展開。

見ていただけるとわかるのですが、本当にベーシックなストレートチップやローファー、以外と探すと見つからないブラウンの外羽根フルブローグシューズなど靴好きも十分に納得ができるだろう幅広いラインナップを揃えています。

f:id:demekingyobachi:20171112165545j:plain

f:id:demekingyobachi:20171112165641j:plain

写真を見ていただけるとわかって頂けると思うんですが悪くないなと思いました。

さらに外国人(多分韓国人だと思われてる)でこいつ買うかも、判断した店員はめっちゃ進めてきました。

「この内側もちゃんと革だし、ソールだって革製だよ。保証も期限無制限なんですよ」と。オススメされました。

サイズも40サイズでジャストサイズもしっかりあり、フィッティングも悪くないと判断、これは、靴ブログを運用している者としては「買い」という判断に至った次第です。お値段気になりますよね?もうちょっと後に書いてますので、気になる方はお飛ばし下さい。

マリキナ製靴ブランド「Bristol」のどんな靴を買ったのか?

ということで買っちゃいました。マリキナ製「Bristol」の革靴を。

外箱はこんな感じです。外箱も結構しっかりしてて好印象です。

f:id:demekingyobachi:20171112165651j:plain

箱にはBYRONの文字。マリキナに行くさなか、Uberのお兄さんにマリキナの靴を買いに行きたいんだけど、お店どんなのがいいか聞いたときに、Byron地区?的な言い方をしていました。

英語が完全に把握仕切れていなかったので悔しいところなんですが、工場の名前かな?何れにしてもキーワードではあるようです。

f:id:demekingyobachi:20171112183232j:plain

全体の感じはこんな感じ。

買ったのは普段使いもできる外羽プレーントゥのライトブラウンシューズです。

f:id:demekingyobachi:20171112165702j:plain

インナーソールもしっかりしています。Bristolというブランドインソール。悪くないと思います。

f:id:demekingyobachi:20171112165710j:plain

上から見た感じはこんな感じです。そんなにとんがっている訳ではないちょっとだけスクエアトゥな感じですね。ライトブラウンという色合い、外羽根プレーントゥというデザインを考えるとこのつま先の形もわるくないと思っています。

f:id:demekingyobachi:20171112165751j:plainフロントから撮ってみるとなかなかの存在感を感じます。皮も変なシミもないし、とってもつややか。

f:id:demekingyobachi:20171112165721j:plain

ソールはこんな感じのレザーソール。ただの革ソールではなく、ブランドロゴがちゃんと刻印されています。この場所ならレザーソールといえども、このロゴ、それなりに持ってくれるんじゃないかな、と思います。

f:id:demekingyobachi:20171112165731j:plain

どうでしょうか?まだ、経年レポートができるほど履いていないので、半年後くらいにまたレビュー記事を書かないとちゃんした評価はまだできませんが、ファーストインプレッションとしては悪くないんと思いませんか?

さて、そんなフィリピン靴、もちろんお値段が気になりますよね?

この靴のお値段が30,000円であれば、ショーンハイトの靴を買うのとあまり変わりがありません。だったら、日本製を買いますよ。日本人だし。

でも私は買ってしまいましたフィリピン製の靴を。

そんな「Bristol」のブランシューズ定価で買いましたが気になるお値段はこちら。

 

3,980ペソ(2.2円換算で8,756円)税込

 

でした。見た感じ破綻はありませんし、品質に問題なければめっちゃ安い!と思います。

こちらの「Bristol」ブランドの靴、オーティガスの「ロビンソンガレリア」というモールに併設するデパートコーナーで購入しました。「ロビンソン」は「アヤラモール」「SMモール」に並ぶフィリピンの三大モールの一つだそうです。

他にも、フィリピンでもっとも栄えていると思われるマカティのLANDMARKというデパートでも「Bristol」は売っていました。

英語で検索するとオンラインショッピングもやっているので、おそらく、フィリピン国内であれば全国的に購入できるのではないでしょうか?

フィリピン、マリキナの靴ブランド、ぜんぜんっ、ネットで見つけることができませんでしたが、この「Bristol」というブランドは日本の靴ブランドであればスコッチグレインぐらいには入手のしやすさがあるようなブランドだと思います。

そんなフィリピンはマリキナ製の靴ブランドの「Bristol」の靴、ジャランスリワヤの靴は現地価格で20,000円強、そう考えるとジャランスリワヤの半額以下で、購入できる「Bristol」日本のセレクトショップが手を出さない理由は何かあるのかな?と思います。セレショの人がフィリピンを見れていないという可能性もありますね。

結局アローズもビームスもベイクルーズも右へ流れな感じでジャランスリワヤに流れていた感じでしたし。

ただ、これが、使えるならフィリピンに行く方には全力でオススメできます。

オンライン販売もしているくらいなので、多分、セブ島にも売っているんじゃないかと期待しています。マニラはわかりませんが、少なくともセブ島にはこれからも何度か行くことになると思っているので、あったら買いたい!と思える値段とデザインと品揃え。陸マイラーだったら、片道5時間程度、往復で、20,000マイル+9,000円弱で行けるフィリピンです。

これでよければ、軽く一泊二日で遊びに行って買い付けてもいいんじゃないかなと思うくらいのフィリピンの「Bristol」というマリキナの靴ブランド。ちゃんと使ってレポートをしていきたいと思います。というお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*