典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と

7歳.3歳.0歳を育てる典型的サラリーマン空&陸マイラー。飛行機(ANA)、物欲、旅行欲など、典型的サラリーマン向けに情報発信をしています。

ブログ運営月次報告8ヶ月。夏休みなりにアクセス増えたことを実感、年内目標をクリアしてしまった

典型的サラリーマンが自分の趣味のことをブログで綴って8ヶ月続けた運営報告はこちらです。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

私自身が他のブロガーさんの運営報告を見るのが好きなのできっとニーズがあると今月も信じつつ、自分自身の振り返りのため、8月ブログの運営状況と、9月ブログの抱負をまとめていきたいと思います。

f:id:demekingyobachi:20170814000050p:plain

*靴だってちゃんとみがいてます*

2017年8月のPV数とかトピックスとか

PV数は20,000PVを超えました!

8月は21,698PVでした。

前月比だと、約6,000PV UPです!

先月新設定した目標値は年内で20,000PVでした。ありがたい、ありがたい。

先月12月までの目標で20,000PVに上方修正をしていたのに、一月で越えてしまいました。。。

セッション
11,953
ユーザー
8,914
ページビュー数
21,698
ページ/セッション
1.82
平均セッション時間
00:01:55
直帰率
73.81%

今月はプチバズが一回ありました!

こちらの記事がはてブの新着エントリー入りを果たし1,000近いアクセスを集めました。本当、はてブありがたいです。

そして、コバインクいいですよ。ぐっと引き締まります。

それ以外もお盆期間は平準的に700を越えるのアクセスをいただきました。

単純にいろんな検索ワードが増えたのだと捉えています。8/16にはサーチコンソール調べで、192クリックもされましたし。

英語記事という取り組みをしてみたので、「とりあえず更新したから」ということもあるかもしれないなと思ったのですが、英語記事のアクセスは全て合わせても250アクセスもないので、20,000アクセスへの原動力にはなっておりません。

もちろん、英語記事にまだ検索流入が増えたといったことはありません。。。

これは定点観測的に見ていきたいところです。

 

夏休み効果が大きいことは間違いないのですが、ロングテールですこーしずつですが検索流入が増えていることも一因かと思います。

あらためてGoogle Analytics を見るとかなり面白い!

よくよく見返すと検索流入だけで一月に1,000近くアクセスいただいている記事があるんです。

こちらの記事だけで1,000アクセス。他に靴絡みの記事で、600アクセス以上集めている記事が4つあります。

これらは全部三ヶ月以上前に書いた記事で若干のリライトはしていますが、ほぼ、ほったらかしで3,000アクセスということですから、検索流入恐るべしだとあらためて思います。こういう記事が30個かければ30,000アクセスですもんね、、、。

なお、検索流入で靴以外で一番貢献している記事はこちらになってきました。

こちら、4月末に記事を書いたのですが、推移がすごく嬉しい推移をしてくれています。5月(124pv)6月(202pv)7月(298pv)8月(510pv)です。

綺麗に右肩上がり!

個人的にめっちゃ困ったことだったので、狙って書いた記事なんです。

夏休みという季節要因も大きいとは思いますが、タイトルや出だしなど、何度かリライトしていて、とても綺麗に伸びてくれていて嬉しい限りです。

ちなみに、01DRCDの記事は6月の方がPVが多かったです。ボーナス時期だからかな?

そんな感じで、半年以上ブログを運営してきて、GoogleAnalyticsを見るのがより面白くなってきました。

 

9月ブログへの抱負

9月のブログへの抱負はちゃんと継続更新を続けること 

年内20,000PVと言っておきながら、超えちゃいました。9,10,11,12とあと4ヶ月あります。多分9月は20,000PVは行かないと思います。お盆はないし、1日少ないし。

それでも、やるなら、もっと上を目指さなきゃですよね!ということで、年内に月間30,000PVを目指します。ブロガーなら絶対に誰しもが見たことのあるであろう「PV数でわかるブロガー番付」の記事も30,000PVを越えると「ノービス」から「アマチュア」に格上げされています。

仕事でも、部活でも、趣味でも1年じゃ完全に「初心者」だと思いますが、たった一年で初心者気分を脱しようという壮大な目標であります。

 

基本的にはこのブログは私が典型的サラリーマンとしての実体験を元に、共感いただきたい、これ面白い!と思うことを記事にするようにしています。

なので、今までの流れだと確実にネタが尽きる!わけですね。

トレンドネタに食いついて、考察する記事運営というのも少し考えたのですが、ちょっと今までのスタンスと違いすぎるので、「ANAとマイルと革靴と」というタイトルに、ずーっっとしばられて、我慢をしてきた、キャンプネタを解禁をして行くことを考えています。

キャンプネタはギアの話でいくらでもお伝えしたいことがあったりするので、ネタには困らないんです。ただ、写真をとったりとかするとかなりきついかもしれませんが。

それでも、通勤中英語の勉強もそっちのけでキャンプ系情報を収集していることもしょっちゅうですし、じわじわとネタは増やせると思うところです。

ちょこっとだけ、「ANAと旅行とリーマンファッション」とかにしておけばよかったとちょっと後悔していますが、トップ絵に愛着がとてもあるので、これからも「典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と」をどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

陸マイラーとして活動して実現をしたセブ島バカンス関連記事をまとめてみました。

よろしければぜひ、こちらにもお立ち寄りください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ANAのふるさと納税は営業不足!全然イケてないので、ふるさとチョイスから申し込んだ!

ふるさと納税やっていますか?私は初めてふるさと納税をしました!陸マイラーとしてANAのふるさと納税をANAへの応援も含めてやろうと思ったのですが、あまりにもいけてなかったので、ふるさとチョイスから申し込んだというお話です。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

官公庁系の素材って著作権どうなっているか以前仕事がらみで別の省庁に問い合わせたことがありましたが、常識の範疇で、公開しているものであれば転用しても良いと言っていたので、総務省の画像で雰囲気作りをしてみました。

f:id:demekingyobachi:20170828203224p:plain

典型的サラリマーン視点で見た、そもそも「ふるさと納税とは?」なんなのか

さて、世の中めちゃめちゃ情報が溢れているので私、でめさんの典型的サラリーマン視点で書きます。

「2,000円の手数料でお買い物をして住民税をがっつり減らしてもらおうじゃないか!」

これにつきます。

地方への寄付とかなんていう建前、全くもって考えていません。

私は日本国民として日本がよくなって欲しいとは思っていますが、一地方の自治体については出身の自治体と今住んでいる自治体以外は正直どうでもいいです。

だから、「お買い物」としてしか見ていません。

ただ、世の中の言い方が「寄付」と言っているので、「寄付」という言い方で統一していきたいと思います。

私の家族構成、年収だとだいたい10万円の寄付金だったら損をしない様子です。

ということで、10万円の寄付をしてもらえる一番いいものを探そうと考えて進めました。

本当にお酒が好きな方とかはワインとか、日本酒とかもありなのかもしれませんが、もうほんと、10時間くらいに渡る検討の結果を3つまで絞った内容を紹介します。

私がコレは!!!と思った、ふるさと納税10万円分をご紹介

山形県 南陽市 (やまがたけん なんようし)  宮城興業のオーダーメイド靴お仕立券1枚

これが10万円の寄付で手に入ります。オーダーメイドの靴って憧れです。と言っても宮城興業さんを私はこのふるさと納税でしりました。

どうやら、パターンオーダーをやっている会社さんのようですね。

ホームページにめっちゃ手作り感が感じられますが、靴作りには本気何だろうと思います。「喜び・怒りの声掲示板」があったりなんて、20世紀のウェブサイトのようですね。(好感もてます。)

革靴ブログを書いているのでこちらもかなり悩んだのですが、現時点では革靴に困っていないので、やめてしまいました。

パターンオーダーの靴って私の知っている限りはショーンハイトが最も安くて約30,000円です。リーガルトーキョーで50,000円弱。

宮城興業の会社規模は80名と大きくはないものの、年間10万足を作り上げている会社なのでこれなりにこなれているでしょう。

ツイッターなどでお世話になっているトリグラフさんがレビューしていたので、言及させていただきます。

そんな、宮城興業のパターンオーダーの革靴が2,000円で買える!ということであればかなり良い選択肢になるのではないかと思います。

岡山県 総社市 (おかやまけん そうじゃし)スノーピークベストセラーテント

私、このブログではキャンプの記事は今は全然書いていませんが、趣味の一つとしてキャンプも楽しんでいるんです。そんなキャンプ用品返礼品として多くあるのですが、あまりお得感のあるものはありません。

そんななか、岡山県総社市というスノーピークという会社とは縁もゆかりもない自治体が出している返戻金は魅力的でした。

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームM。Amazon価格で35,424円です。

これだけだと大したことないんですが、さらに、スノーピーク(snow peak) アメニティドーム マット・シートセット SET-021が付いてくるんです!Amazon価格で18,144円。

合計53,568円の定価の品、これが90,000円の寄付の返戻金として手に入ります。

還元率にて約60パーセントですね。

 

スノーピークというブランドは、ファミリーキャンプをたしなむものにとっては、定番中の定番ブランドかつ高級路線ですね。

スノーピーカーという信者を蔑むくらいアンチがいるくらいにはお高めブランドです。金額が高くてもファンがいるというのは私は企業活動としてとても良い結果だと思いますし、お仕事を真摯に取り組まなければそのようなブランディグは今のご時世できませんので、スノーピークというブランドは個人的には大好きです。

そんなスノーピークの超、ど定番入門テントとマット・シートのセットが2,000円で手に入るなら、キャンプをこれから始めようという方には圧倒的なお勧めができる内容だと思います。

このアメニティドームMというテント、これだけ他社と比較してもコスパが悪くないです。他のものはコスパの点だと絶対に選ばれないのに、こいつだけはコスパで選ばれたりもします。

私がキャンプをご一緒するファミリーが使っていますがとても使い勝手が良さそうで、確かにベストセラーなるよね!というテントで誰にでも進められるテント、キャノンのパンケーキ単焦点レンズのように、完全に呼び水として戦略的に出している商品だと思います。

そんなアメニティドームMちなみにネットで買おうとすると、どこも35,424円なのに一人、31,880円で発売している楽天の店舗などもありました。見たところ普通ですが、5倍ポイントだし、送料無料だし、在庫もあるし、偽モンだったりしないかな、、、大丈夫かな?なって思ったりしちゃいます。どんなテントなの?という方向けにご参考までのリンクを貼っておきます。

長野県 大町市 (ながのけん おおまちし) モンベル ポイント・バウチャー 50,000 Pt

最後に、私が選んだ寄付先はこちらです!

10万円の寄付に対して5万円分の返戻品となる、長野県大町市のモンベルポイントです。そこの金券にしちゃいました。

モンベルとは日本のアウトドアメーカーです。

店舗も非常に多いので多くの方がご存知かと思います。山好きの友人曰く、コスパの良さがいい!アウトドアブランドだそうですね。

私は山登りはしないので、よくわかりませんが、同じような昨日で比べると絶対にモンベルに行き着くそうです。機能性インナーなどは非常に評判がいいですよね。

私もビジネスリュックで愛用中。この記事でちょっと触れてますが、そのうちレビュー記事でも書こうかと思います。

こんなバウチャーを50,000円分も手に入れたら、モンベルのアウトドア用品、アパレルをこれから無駄に増やすこと間違いありません。

ただ、2,000円の投資で50,000円自由に使えるというのは典型的サラリーマンかつ、ファミリーキャンパーとしてかなり使いでのある、金券です。

総務省が過熱化するふるさと納税返礼品競争に待ったをかけ、返戻金の目安は寄付金の30%くらいまで!というレギュレーションがあるのですが、バウチャーというわかりやすい金券にも関わらず、我関せずな大町市の気概を感じてこちらに寄付を決めました。

同じモンベルバウチャーでもみなさん30%還元なのに、50%還元するのって勇気がいると思うですが、横並び主義ではないところに、ビジネスマインドを感じますね。

 ANAのふるさと納税は営業不足!全然イケてないので、ふるさとチョイスから申し込んだ!

ということで、ふるさと納税の返礼品のことを書きましたが、曲がりなりにも「典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と」というブログを運営させていただいている身としては「ANAのふるさと納税」を使いたかったんです。

ANAが好きだからってだけで。信者感満載です。

でも、ANAのふるさと納税のサイトを見て絶望しました。

ぜんっぜん、登録自治体がないんですよね。

「ふるさとチョイス」がふるさと納税のポータルサイトとしては最大かと思いますが、ANAのふるさと納税は逆に最弱といわざるを得ないかと思います。楽天のふるさと納税と比べても!

ということで、ANAのふるさと納税対象自治体を数えてみました。

北海道:8

東北・関東:6

中部・近畿:8

中国・四国:19

九州:36

沖縄:2

全79自治体しか参加していません。日本の自治体数は1,718自治体あるにもかかわらず、79自治体って、、、。カバー率にして4.5%ですね。

 

 

例えば、ふるさとチョイスを選んだら、ANAのふるさと納税には登録できない!みたいな、独占契約でもないようなもので4.5%しかカバーできていないなんて、、、。

まぁ、営業をしていないんでしょう。

各自治体のふるさと納税担当にダイレクトメール一回ばらまいておしまいとかそんなんじゃなかろうかと思います。で、ふるさとちょいと比べてデメリットの方が大きいんでしょうね。むしろ、この79自治体はなぜ、ANAのふるさと納税を選んだのか?という疑問すら出てきかねない内容だと想像できます。

中の人でも、なんでもないので、妄想ですが。

 

ちなみに、ふるさとチョイスは1,788存在している、自治体の100%だそうです。

(2017年8月30日現在のこちらのリンクに書いていある内容です。)

総務省のページを見る限り1,718って書いてあるのに、70自治体多いです。

なんでだろう?それは、それですごいな。わかる方いたら教えてください。

 

そんなこんなで「ふるさと納税」は基本的にやらない理由はないというくらい、やらないともったいない制度だと思っています。有効に活用しながら、過ごしていきたいと思いますというお話でした。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

 

 

大幅リニューアル!大磯プリンスホテル「THERMAL SPA S.WAVE」を中心にホテルの感想を伝えたい。

私が唯一の常連ホテルといえる、大磯プリンスホテル。今年大幅リニューアルされました!もちろん、宿泊してきましたので、少し書いておきたいと思います。子供のころから通算すると10回以上行っているので、それなりのベテラン感があります。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

「大磯」という大変中途半端な立地にあるので、関西や名古屋からいらっしゃることは少ないと思いますが、東京、神奈川場合によっては埼玉県あたりからもかなりアクセスのよいリゾートホテルである大磯プリンスホテル。

子供のころ6年連続、娘が生まれてからプールに入れるように毎年行っていて、今年で4年連続になるのですが、今年大幅リニューアルがされていたので、大磯プリンスホテルについてご報告をいたします。

f:id:demekingyobachi:20170827233007p:plain

大磯プリンスホテルは今年大幅リニューアル!何が変わったというのか?いうと「THERMAL SPA S.WAVE」というスパ施設ができた!

毎年、行っている大磯プリンスホテルなのですが、今年はまったく空気感が変わっておりました。一番はこの「THERMAL SPA S.WAVE」というSPA設備ができていたことです。

2017年7月15日にオープンをした施設。8月いっぱいまでは基本的には宿泊者と一部のプラン利用者といいう限られて人しか使わない設備です。

9月からは一般の利用者は4,500円、SEIBU PRINCE CLUB会員で3,800の利用になるそうです。

また、私は受けることはないと思われますが、オイルトリートメントマッサージで60分19,300円といった価格帯のしっかりとしたマッサージサービスが受けられるサービスを展開しています。

温泉設備なので、さすがに写真はほとんどありませんが、簡単にレビューをさせて頂きます。

ホテルに温泉がついていることはやっぱりうれしい。客室からも行くのもスムーズでした。

日本人ですから、やはり温泉設備は欲しいですよね。ファミリーで行きやすいホテルでちゃんとした温泉設備がついているホテルもとまりましたが、新しいだけあって、とてもきれいです。思い当たるところだと「エピナール那須」は本当に庶民的な大規模温泉付きホテルでした。「リゾナーレ八ヶ岳」も子連れをだいぶ意識していましたね。ただ、両方とも部屋から行くにはちょっと歩くなという印象がありました。

こちらの「大磯プリンスホテル」の新しい温泉はエレベーター降りてちょっと歩くだけなので、アクセスという面ではとても良いものだと思います。

実際には内風呂と露天風呂両方ともそこまでは広くないお風呂です。一つの浴槽に10人はつかれないだろうな、そんな広さですね。

サウナなどはSPA施設に譲っているため、温泉として利用するだけであれば、普通のお風呂として使う以上のものではないと思います。メインはSPA施設なんだと思って間違いはないでしょう。

「THERMAL SPA S.WAVE」の狙いはどこなのか!?小金持ちの20代カップルか?中高年熟年カップルか?ファミリー層を捨てた施設!というSPA設備

中見出しでほぼ言いたいことを言ってしまった感がありますがありますが、私はファミリーとして訪問をしているお父さんという属性です。

この、新しいSPA設備、日中は子供たちはプールで全力で遊んで疲れるのも早く21時には就寝してくれ、有休で遊びに来たため、放置した仕事のメールなどの対応をして、23:30頃に「どんなもんかね。」というスタンスで行ってみました。

屋外温水プールとサウナ三つと岩盤浴コーナー、あと雪が降るをイメージした冷蔵室。と、ソファなどの構成です。

個人的にはがっつりサウナでも入ってリフレッシュ!のつもりで行ったのですが、サウナの温度も80度という緩やか設定。サウナーではないけど、ちょっと物足りないですね。

で、この「THERMAL SPA S.WAVE」に対する結論は「この空気は、カップルでしか来ちゃいけない!」です。

逆に、カップルで来るにはいいと思いますよ。

全体的に照明は控えめにされている中で、そのなかで、水着着用必須の空間。

屋外にはビーチベッドも何個か置いてあり、うち二つはカップルで利用されてました。

「まぁ、いちゃつきますわな。そりゃ、カップルで来ていて、この空気なら、いちゃつくわ!」なカップルさん。

 

このいちゃつくカップルの前にある、薄暗いプールを一人ウォーキングする37歳男性。

 

男性一人客は想定されていないということが伝わってきます。

23:30という時間から当然、宿泊客しか利用していない時間、これは、私の振る舞いが悪かったといえましょう。

近所の健康ランド的な温泉設備と比較してしまうと、温泉設備としては物足りないSPAでした。

これは、ファミリーできている、私がターゲットから外れているからということは間違いないので、ちょっと申し訳ない感想です。

ただし、プール帰りにちょっとお風呂入りたいよね!4,500円でしたら、100%後悔をするということはお伝えしてきたいと思います。そういったニーズには、「江の島アイランドスパ」あたりをどーぞ。

夜のSPAはカップルには最適ということは伝わったかと思います。

食事についてもファミリーは捨てた。夕食バイキングはなくなり、中華か洋食レストランの二択で金曜なのに満席のため、まさかのオススメがローソンという状態。

f:id:demekingyobachi:20170827232929p:plain

ご飯を食べるところが大幅に変わっていました。毎年大会議室のようなところで子供受けをしそうなバイキングだったのですが、今年、バイキング自体がなくなっていました。これは、本当に思い切ったなと思います。

f:id:demekingyobachi:20170828000902p:plain

開放的なバーカウンターのロビーラウンジもあったりして、高級感は大幅アップしています。

バイキングがないことでは、洋食レストランにしても中華レストランにしても子供の夕食でレストランの通常の食事に抵抗のある人は確実にいると思います。それでも、まぁ、いいかと思って、予約をしようとしたのですが、チェックイン直後の15時でなんと予約が取れず。

夏休み中とはいえ、金曜日です。

そこで、スタッフに聞いたところ、「一番近くでローソンで買ってきてお部屋で。」という回答。「いやいや、、、。」となったら、「あとはバーミヤンが近くにありますよ!」という感じでした。

ファミリーだし、ほんと近くにラーメン屋さんくらいしかほかになさそうだし、バーミヤン好きだしということで、バーミヤンに行ったのであります。

ということで、お食事処が完全にファミリーを切り捨てましたね。

近場のバーミヤンでいいという割り切りができるので、食事代がかからないという点では、私としてはいいですが、一応、こういったリゾートホテルの客層を考えると、予約すらできないキャパシティは微妙かもしれません。

f:id:demekingyobachi:20170827232836p:plain

帰りのランチを兼ねてS.DINIGというところで、食べた「トロピカルロールケーキ」これはこれでとってもおいしかったです。マンゴーとパイナップルののクリームかな?

突き刺さっているフレッシュマンゴーのとろけ方たるや!とても、おいしかったです。

バニラアイスで700円なのに、なぜ、このケーキが550円なのかは気になるところですが、これは一度食べて損なし!という感じでした。

ちなみに、朝食はよくあるホテルのバイキングで大人2,750円でした。

ANAクラウンプラザ大阪の朝食1,900円と比べると2~3周りは下だなという感じでこの価格はちょっとお高めです。それこそ、近所のローソンなどで持ち込んだほうが幸せかもしれませんという内容でした。

ハードはかなり整った大磯プリンスホテル!残るソフトの問題は根深そう

ということで、この大幅リニューアルは、SPA設備を中心として、大人が来れる大磯プリンスホテルを目指したものと考えられます。

ほぼ、大磯ロングビーチに来るファミリーを狙っていた施設だと思いますが、当たり前ですが、このプールだけじゃ、夏しかお客様は来てくれません。

一部、緩めのゴルフコースなどもあるので、そういった緩めの金持ちなどが来ていたとお澪ますが、この「緩めの金持ち」からちゃんと、もっと!年間を通してお金を頂くため!という狙いが伝わってきます。

 

客室も広さ自体は変わらないものの、水回りなども含め全面的に改装されており、かなりきれいになっていました。(少なくとも宿泊した10Fは。)

ただ、とっても、とっても残念ですが、従業員のレベルは非常に低かったのが印象的です。

f:id:demekingyobachi:20170828000734p:plain

全体的に若いスタッフが多かったので、リゾートバイトさんなんだとは思いますが、残念な感じが何度もありました。明らかに怒ってるお客さんも何回か見かけましたし。

例えば、ご飯で、ローソンをご案内は完全にリゾートホテルのスタッフとして適した発想ではありません。

また、車寄せで荷物を降ろしていた際がこちらから声をかけるまで、スタッフさんが寄ってきませんでした。

こんな感じが、他にもちょい、ちょいあるのですが、8月末でひと夏経験したであろうスタッフのレベル感がこれだと、ちょっと残念だと思います。プリンスホテルはここと、軽井沢しか知らないのですが、プリンスホテルってそんなもん。という感じかもしれません。

最近ANAクラウンプラザホテルやマリオット、シャングリ・ラなど、セレブなホテルに慣れすぎて贅沢になっているのかもしれませんが、今回のリニューアルは確実に小金持ちを狙っているであろうリニューアルです。

リニューアルに伴い、私なんぞよりも各段に厳しい目を持つ顧客にさらされることになるでしょう。

私は子供のころから大磯ロングビーチをゆっくりできるプールとして親しんでいるので、これからも来ますし、ホテル自体のレベルアップに期待していきたいと思いますというお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください。*

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

 

GU のダービーシューズを買ってみたのでご報告したい。〜日本のファストファッションは侮れない〜

スウェード”風”のダービーシューズをguで!

以外と侮れないと思いましたので、レビューをしたいと思います。

お立ち寄り頂きありがとうございます。でめさんです。

この度久しぶりにちょっと、小綺麗な靴を書いました。GUですけど、こちらの経緯と感想をまとめておきたいと思います。

一応靴好きを自称する典型的サラリーマンが、GUに靴を買うという選択肢にたどり着いた流れとは

きっかけは、こちらの記事の通りホテルのレストランに行く靴がない!でした。

結果的には、サンダルでもよかったくらいリゾートホテルだったんですが、さすがに

スニーカーは嫌だし、かといってストレートチップの革靴もおかしいしということで、

ローファかドライビングシューズを探してみたんです。欲しかったし。

ただ、旅行までの時間もなく、ちゃんと吟味もできない中で、とりあえず買わねば!

というタイムリミットが来てしまったんですね。

予算20,000円で自分的に納得にのいくローファーを探す旅は続けています。

さて、私のメインの立ち寄りポイントは中央線は「武蔵境」という微妙な駅です。

とはいえ、イトーヨーカドーがそこそこ大きく駅前に展開しており、そこにABCマートが入っていたので、なんとかなるかなと思って覗きました。

なんということでしょう、、、

真面目にABCマートで小綺麗な靴を探したことなど一度もありませんでしたが、ろくな靴がありません!果てしなく残念なレベルでした。

100歩譲って、買ってもいいかな。。。と思うデザインは15,000円など。ABCマートの靴に15,000円、絶対に使いたくありません。

なんでABCマートの小綺麗系の靴ってあんな知らないブランドばっかりのものなんでしょうかね。

そこで、改めて、ヨーカードーの靴売り場に行ってみました。

明らかに、仕入れミスであろう、スコッチグレイン20,000円の黒のローファー

があったのですが、若干サイズが合わず、、、これまた断念。

そもそも、黒のローファーって難しいですしね。

女子高生のharutaのローファみたいになりかねません。

やはり、ローファーの本命はタッセルローファーだと思っています。

*ちょいちょい、話が飛んですみません。わかっててやってますのでご容赦を*

そんなこんなで、武蔵境のヨーカドーの靴コーナーとABCマートを1時間以上徘徊していました。

これは無理だと、「ストレートチップだけどライトブラウンだからまぁ、カジュアルっちゃカジュアルだろ!」なこちらのオリヒカの革靴でいこう!と考えて、エスカレータを降りた際に、guのディスプレイが

目に入ったんです。

 

そのディスプレイは、なんと、革靴らしきものを履いてるじゃないですか。

ということで、guの靴コーナーに初めて侵入をしてみました。

 

gu はユニクロの更に廉価版というという、完全に安かろう悪かろうブランドです。

(というイメージを典型的サラリーマンはもっています。)

衣料関係の嫁さんがいうに

「ワンシーズン勝負できればそれでいいものをそこそこ、ちゃんと作っている」

らしいですね。

「ファストファッションはユニクロかGAPでよい」と考えていた私は足を踏み入れることはなかったので、

初めて見たのですが、靴売り場結構充実してるんです。

 

完全なストレートチップなドレスシューズはないものの、ダービーシューズや、あまり売ってることのネイビーのローファーなど。

 

それが、ちょっとセールなんかして30%OFFだと、お値段が2,000円弱!

 

いい靴は30,000円以上、それをなんとか、20,000円で買いたいと思って生きている私としてはかなり衝撃的な価格設定でした。

オリヒカのセメントだって、相当安く買うことを駆使しても6,000円はするとことろです。

もちろん、リーガルアウトレットのセメント靴のラインだって、ヨーカドーの謎の餃子靴だって、5,000円くらいする。

そんな靴業界でぱっとみ全然、悪くないシルエットの靴が2,000円とは衝撃でした。

 ABCマートの靴に10,000円は出したくないですが、スマートカジュアル用に外羽根ダービーシューズを買う2,000円は、あり!という結論を下したわけです。

革靴好きの95%以上は自己満足構成されており、ぱっと見でセメントとマッケイの違いを理解して、

「ふんふん、なるほどね」なんてひとは、まぁ、まずいないですからね。

GUの革靴コーナーにあったダービーシューズの感想を書いてみよう

とうことで、いろいろ文字ばかりで引っ張ってきましたが購入した靴のはこちらです。

http://i7.wimg.jp/item/9207519/c9542be4b285c/20150724045917706_500.jpg

*出先で自分でとった写真を見失ったので、GU公式から持ってきちゃいました。後日差し替え予定です。*

定価で2,490円。セールで、2,000円弱とは思えないですよね。

なんというか、デザインが非常にまとまっています。長すぎず太すぎず、綺麗なシルエットをしていると思います。

そして、スウェード風な感じがちゃんとスウェード風でできてます。

確かにコバ周りはセメントで、いけない感じはありますが、セメントか否かを気にする人なんて、靴オタ以外はいないと心から思っています。

見た目に関して、コストパフォーマンスという観点では非常に良いのがGUのダービーシューズだと感じました。

履いてみて、明らかにデメリットになるであろうことは3点ありました。

  • かかとがペラペラで自立が非常にしづらい。つまり生地が薄いから耐久性は期待できない。
  • 靴の中敷の処理が適当でちょっと滑る
  • サイズが25,26,27と1cm刻みしか展開がなく、ジャストサイズはしない。(私は25でぴったりでした。)

それ以外、旅行で、一回履いた限りでは、後悔はありません。

 

本当に2,000円弱で買えているとなると、かなり一般の靴屋さんにとっては脅威になるのではないかと感じました。それくらい、いい感じです。

もう少しで秋になるので、サンダルシーズンも終わりです。そうしたら、プライベートでこのGUのダービーシューズの出番を増やしてみて、耐久性なども様子を見ていければと思いますというお話でした。

*2017/09/21追記*

休日含め10日程度着用しました。サイズがジャストサイズということもあり、下手な革靴より、はき心地が良いという状況に気づいてしまいました。中敷きが滑ることもサイズがジャストなら大してた問題になりはしません。

履いてて気づいた難点として、カカトがちょっと大きくて見栄え的にイケてないなという感じはありますが、着用感は悪くなく、こりゃ、プライベート用のちょっとすました靴はguでいいかも、、、。考えるに十分な感じだったりしますので、改めてオススメできると思います。

むしろ、「コストパフォーマンス」という観点であれば、新入社員の数をそろえたい時、guの革靴、全然選択肢に入るのでは、、、とすら思える出来だと思っています。

センター北に新しくデジタルショップがオープンしたgu、37歳という明らかにもうちょっといいものを着てはくべき年齢だとは思いますが、使い分けも大事だなと思わせてくれた一品だと思いました。 

にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ

セブ・マクタン国際空港ラウンジレビュー!シャングリ・ラマクタンからセブ空港への道のりと合わせてお伝えしたい

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

満喫をしたバカンスの時間もいつかは帰らなければいけません。

夏休みのセブ島バカンス関連の記事の最後は、セブ・マクタン国際空港も含めたシャングリ・ラマクタンからの帰り道の事おつたえさせていただきます。

「シャングリ・ラ マクタン」というリゾートホテルからセブ空港までの道のりは完全に異世界です

こちらの記事で書かせていただきましたが、典型的サラリーマンである私は家族の治安の不安もあって、全くホテルの敷地から出る事なく、セブ島で過ごしました。

f:id:demekingyobachi:20170821140544j:plain

シャトルバスに乗って、空港に向かいましたが、ホテルの敷地に入るにはゲートがあり、麻薬犬が常にいるんです。よーく見ると、建物の手前にひっそり休んでます。

こんなゲートに4日間守られていたわけですね。そりゃ快適です。

f:id:demekingyobachi:20170821140525j:plain

完全に露出がおかしいですが、これだけ見たら日本と同じなセブンイレブンです。 

f:id:demekingyobachi:20170821140144j:plain

市民の足と思われるバス?はどのバス間こんな感じでぎゅうぎゅうずめでした。

もちろん、ホテルの敷地内はひとがそこまでいっぱいということはないのでわかりませんでしたが、シャングリラマクタンから、セブ空港までのメインの通りにはひっきりなしに人がいてかなりの人口密度だと感じました。

f:id:demekingyobachi:20170821140209j:plain

セブ空港への向かうゲートも結構ものものしいですね。一般人が気楽に空港敷地に入ることははばかられると思います。やっぱり、ここはフィリピン、治安は悪いと言わざるをえないのだと体感しました。

セブ・マクタン国際空港はちっちゃめな国際空港

成田空港・羽田空港が基準な国際空港を考えるとセブ・マクタン国際空港の規模は決して大きな空港とは言えません。以前書いた台北松山空港よりも規模は小さく感じます。

私、ANAのプラチナ会員ですので、フィリピン航空でのチェックインの際にはこんなラウンジの入場チケットがいただけます。

航空チケットのチェックはされず、こちらのラウンジ入場チケットを提出してラウンジに入りましたので、これは大事なチケットですね。

f:id:demekingyobachi:20170822200714p:plain

あと、セブ・マクタン国際空港では、空港利用料の個別支払いが必要です。

なぜか二度保安検査があり、一回目の保安検査を抜けてから、チェックインをして、そのチケットを持って、受付に行きます。

そうするとチケットに、レシートを張っていただけるという仕組みです。

一人当たり、750ペソ、しかも現金のみという非常に面倒なものですので人数x750PHPのご用意をお忘れなきよう注意をしてください。基本的にはホテルと航空会社の素晴らしいホスピタリティを受けただけだったので、この空港使用料を払う為のおっさんの愛想のなさはなんか、「おっ。」てなりました。

この支払いをしないと、出国ゲート前で屈強な男の人に止められてしょんぼりすること請け合いですので、現金を使い切らないように、本当に要注意です。

f:id:demekingyobachi:20170823004900j:plain

f:id:demekingyobachi:20170821140226j:plain

出国ゲートを抜けるとちょっとしたお土産物屋さんとDutyFreeShop。

ドライバナナチップとドライマンゴーをお買い上げました。

ここおみやげ屋さんで娘7歳に「 What is your name?」と店員さんが聞いてきて、「My name is ○○」とはにかみながら答えている娘を見て、もう、パパとしては嬉しくてしょうがなかったです。

CAさんもそうですが、少なくとも、積極をしているある程度しっかりしたフィリピンの方は人懐っこい方が多くてとても心地よかったです。

余談ですが、フィリピン航空で働く日本人CAさんの方がなんか、ホスピタリティ低いと感じました。この辺りは、人の個性がまんま出てしまうだと思いますが、ANAのCAさんのレベルは改めてすごいなと思います。

セブ・マクタン国際空港のラウンジをレビュー「PLAZA PREMIUM LOUNGE 」は居心地はよかったです。

f:id:demekingyobachi:20170821140337j:plain

ラウンジのエントランスはこんな感じですね。見てわかる通り、プライオリティパスも使えるし、AMEXも使えるしという感じで、カードラウンジに毛が生えた程度の敷居の高さしかありません。

以前書いた台北松山空港のラウンジも似たような寄り合いラウンジですね。

ただ、中のスペース的には台北松山空港の半分もなかったくらいでしょうか。

大した広さはありませんし、私にとって結構ネックだなと思ったのが、窓がないところ。ラウンジはぜひ、飛行機を見ながらゆっくりさせてもらいたい所存ですね。

なんというか、日本の地方空港の国内ANAラウンジに食べ物がついたような雰囲気です。

f:id:demekingyobachi:20170821140236j:plain

ドリンクは、エスプレッソマシンではなくて、バリスタさんがいらっしゃいました。フレッシュジュースはこんな感じですが、他のものはオーダーして頂きます。

f:id:demekingyobachi:20170821140307j:plain

フードメニューもそれなりにしっかりありました。フィリピン航空の機内食は全く期待してなかったので、こちらで酢豚?とチャーハンのようなものをいただいておいて、食べない前提でいただきました。味が濃いのでこちらと、カフェラテと、クッキーでもう、十分!という感じでした。

f:id:demekingyobachi:20170821140315j:plain

子供はヌードルを気に入っていました。

ただ、一回目と二回目で麺がフォーと中華麺と全然違う麺が出てきたのがちょっと雑だと感じましたね。Rice Noodleとしか書いていなかったのに。

ちょっと味見をした限りは、それなりに美味しいのでよしとしますが、ANA国際線のヌードルバーのうどんの方が日本人的には美味しく感じると思います。

前述の通り、「寄り合いラウンジ」で「狭い」というファシリティですが、私が帰路に使った際は利用者が全然いませんでした。月曜日の午後便という日本に向かう人がそれなりにいてもおかしくない観光ではあったのですが、トータルで20組もいなかったかなといった印象です。ほとんどが日本人でちょっとだけ、韓国の方がいたかなという程度。

台北松山空港の寄り合いラウンジを利用した時は、ものすごい混み合っていて、羽田空港国内線のカードラウンジ以上に混んでいて、いやらしい日本お客が、「満席のラウンジになんの意味があるのだ」と日本語で台湾のスタッフさんをいじめていたのを見て、結構げんなりしたものですが、こちらのセブ・マクタン国際空港の寄り合いラウンジは、とても快適に過ごせました。

f:id:demekingyobachi:20170821140355j:plain

なお、帰りに飛行機は特にアナウンスもなく20分程遅延をしていました。この辺りのおおらかさというか、時間のルーズさはご愛嬌ですね。

こんなラウンジを過ぎながら、日本に帰っていくというお話でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

陸マイラーとして活動して実現をしたセブ島バカンス関連記事をまとめてみました。

よろしければぜひ、こちらにもお立ち寄りください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ