典型的サラリーマンのANAとマイルと革靴と

7歳.3歳.0歳を育てる典型的サラリーマン空&陸マイラー。飛行機(ANA)、物欲、旅行欲など、典型的サラリーマン向けに情報発信をしています。

クレジットカード決済のサインが面倒すぎて、自分のサインを作ってみたので、オリジナルサインの作り方、考え方をお伝えしたい

クレジットカードでサインをするたびに「もう、めんどうっ!」と思ったので、サインを考えたというお話です。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

陸マイラーたるものクレジットカードは徹底的に使っていきたいですよね。「SPGアメックスにするか?ANA VISA ゴールドにするか?」なんて話題も陸マイラーブロガー、Twitter利用者の間でよくお見受けします。

もちろん、陸マイラーではない方も、明らかにクレジットカードのメリットは存在し、もはや現金で決済している方の気持ちが私にはわからないくらい、クレジットカードは使えば使うほどメリットが生まれるものなのだと思っております。

そのくらい、あらゆる決済でクレジットカードを利用していた結果、「サイン面倒くさい!」病が発病したので、考えてみました。

f:id:demekingyobachi:20171015203704p:plain

そもそも、クレジットカードにおけるサインとはなんだろうか。

今やほとんどのコンビニでサインレス決済が出来ますし、たまに暗証番号を求められることがある、だから使いやすくなってきているということも多分にありますが、それでもサインを求められるケースというは随所に出てきます。

身近な所だと、マツモトキヨシとか、ららぽーと立川のしろたんフレンズミュージアムとか。

だいたい平均したら1日1回はなんらかの決済でサインはしているんじゃななかろうかなという感覚です。

サインするということについての意味は、「支払ったよ!」という意思表示と「この署名の人が支払ったんだよ!」という証拠二つの意味があるようですね。

あってはならないことですが、万が一クレジットカードが盗難されて、しまって、なんらかの形で、利用された際にサインが自筆でなければ、ちゃんとクレジット会社の保証が通るというものになるので、サインを取っているというわけです。サインを拒否するなんてありえません。

こんなことは早々ないでしょうが、お店側からするとトラブルを避けるためにも絶対にやっているということが現実でしょう。

なので、サインをしているわけですが、私フルネーム、漢字は「石橋貴明」さんや「高橋和希」さんと同じ41画ちょっと飲み物一つ買ってサインするには面倒すぎる画数です。

なので、さらっと書けるサインを作ることを決意しました。

自分のオリジナルサインはある程度省略した名前から筆記体を崩して書くという結論に至った。

そんなサインについて、いざ作ろうとするとどうしていいかわからないですよね。

よく、日本のサインは漢字がいい!みたいなのありますが、自分が買った買い物のサインだから、クレームにすることもありません。

レギュレーションは?となると、私のメインカードになる、ANA VISAカードを発行している、三井住友カードのホームページでは以下のように書いてあります。

カード裏面のサインは何を書けば良いのですか?

お客さまの署名をご記入ください。漢字・ひらがな・英字など書体につきまして決まりはございません。カード裏面にサインのないカードはお店で使えないばかりか、盗難・紛失時に不正利用の被害にあった際、場合によっては補償の対象となりませんので、カードが届きましたらすぐにご自身でサインをお願いいたします。

要するにカードの裏のサインと同じであればなんでもいいということのようですね。

いろいろネットの世界を徘徊した限り、極端な話、オリジナルでもイニシャルでも構わないようです。

 

とうことで、なんでも良さそうということを前提に、結構インターネットでサインに関するネタを探したのですが、サインは英語の筆記体を崩すのがカッコイイ!みたいなことがありました。

 

私の場合はフルネームにすると、ひらがなが8文字、アルファベットで16文字になります。漢字で書くよりは筆記体で書いた方早くは書けますが、筆記体で書くことって得意でもなく、大して早くもなりません。そもそも、16文字を筆記体で書くとなると、横長すぎてサインスペースにも収まりが悪くなりそうです。

あと、筆記体でフルネーム書くなら、ちゃんと書けてないとどうしようもなく、カッコ悪いと思うんですが、致命的にださくなります。

 

「筆記体使ってそれですかwww?」

 

と、自分自身が思ってしまうという罠があるわけです。

相手が気にしないのは知ってます。

筆記体で書いてカッコ良くなるなら、それはそれでいいのですが、カッコ良くならないなら時間が早くなることを優先したいと思うわけなんです。

かといって、ひらがな1文字で「の」なんていうのもそれはそれで全然違いますしね。

 

とかとか、コレですね、ブログで書いてると大したことがない感じになるのですが、半年くらい悩んだんです。正月のセールに行って感じたところがスタートですから。

 

そんな紆余曲折の結果、そして行き着いた先はこちら!

f:id:demekingyobachi:20171015200612p:plain

「名前の前ひらがな2文字ローマ字書きをして、+苗字イニシャル」ソレを筆記体(しかも雑!)で表現!ということで、落ち着きました。

ちゃんとした筆記体で読める必要はないと思っています。多分、私が書いているつもりの通りに読める方なんていないんじゃないでしょうか。

もちろん、ドヤ顏でお見せするほど、「イケてるっしょ!?」とおもっているわけではありません。

ただ、こちらで2週間ほど運用していますが、とってもいい感じで運用できています。

「楽なんです。」

ということを訴えたいわけです。

今まで41画の名前を書いていたことを考えると、一文字目を書いている途中でサインが終わる感じ。

レジ待ちで後ろに並ばれていても颯爽と消えることができるストレスフリーな環境を手に入れました。

日本人なんだから、美しく漢字を書きたいという気持ちがないわけでもないですが、クレジットカードの決済のサインについては何一つ付加価値がないと思っているので、いかに楽にするか?が大事だと思って書いたお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

 

ANAの国内線プレミアムクラスは本当に贅沢であるということを体感したので感想・レビューを書いてみた

国内線プレミアムクラスっていう、贅沢がどの程度のものかを体感をしたことを書いてみました。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

ANAの上級会員になるためにいわゆる「 SFC 修行」をしている方にとっては当たり前であるプレミアムクラス。私のように基本的には出張のみで気づいたら50,000プレミアムポイントが貯まってしまった社畜系SFCホルダーにとってはプレミアムクラスなんていう代物は全く縁遠いものでした。この度、年内に確実に余ってしまうことが見えている「アップグレードポイント」を利用して、初めて ANA の国内線プレミアムクラスに搭乗をしたので、感想・レビューを書いておきたいと思います。」

f:id:demekingyobachi:20171008233748j:plain

*プレミアムクラスなので、窓側に乗りました♪*

アップグレードポイントで国内線プレミアムクラスにアップグレードのやり方はチェックイン時にお願いをするのみ

陸マイラーの方は修行後にたまったアップグレードポイントはどのように使っているのでしょうか。SFC修行をした翌年は20アップグレードポイントがたまっているはずです。

以前こんな記事を書きました。アップグレードポイントって使い道があんまりないんです。一般的には余っちゃってスカイコインにしちゃうんじゃないかなと思います。

私は陸マイラーとして、マイルの特典航空券でできる限り飛びたい!と思っているので、飛行機に個人ではできる限りお金をかけたくありません。

もうSFC修行をするということもないので、スカイコインで飛行機に乗るっていうことは考えていないんです。「プライベートは特典航空券だけで飛んでやりたい!」それが私の陸マイラーとしてのこだわりです。

アップグレードポイントできる限り有効に使うのは、国際線ビジネスクラスアップグレードという手が一番いいのですが、これまた特典航空券からアップグレードポイントを使ってアップグレードをするということはできないので、この道も閉ざされています。

このため、2016年にたまった結果のプレミアムポイントは2017年10月時点14ポイントも残っていました。

ちなみに、6 ポイントについてはこちらの記事で書いた台湾へのビジネスクラスアップグレードに使いました。本当に、本当に快適なひと時でした。。。

 ということで、14ポイントが無駄にスカイコインになるのも悲しいので、だいたい月に 1 回くらいのペースで発生している大阪出張に合わせて今回は使ってみたので、今回はその報告になるわけです。

国内線のプレミアムクラスへのアップグレードは一律4ポイント。

沖縄でも大阪でも同じだけ使いますが、沖縄に行くこともないですし、フライト時間は短いけど、実際仕事で乗る大阪便で使うという贅沢を敢行したわけです。 

 このアップグレードポイントを利用した国内線のプレミアムクラスへのアップグレードはどのようにするか?

確認のため、ANAプラチナデスクさんに確認したところ

「お電話での事前アップグレードはできません。チェックイン時に空きがあればプレミアムクラスへのアップグレードができます」

とのこと。プレミアムクラスへは当日空港でチェックインするタイミングでグランドスタッフさんにお願いをするというのが一般的なやり方になるようですね。 

なお、今回は羽田ー大阪への往路については、日中帯の普通のお時間のため、プレミアムクラスは満席、空席待ちをしてみましたが、唯一空いた席はダイヤモンド会員である豪華なおばさまが確保されていく、ということ残念を経たのちの復路で、生まれて初めてのANA国内線プレミアムクラスを体験したというわけです。

プレミアムクラスは快適な空間の作り方が座ってみて初めて分かる世界だった

今まで通り過ぎるだけだったプレミアムクラスの席。

B777-300の羽田ー伊丹間では3列しかないんですね。もっとあると思っていました。

全部で21席しかありません。私が乗った時間は朝7:05フライトという始発、かつ三連休初日のため、多くのプレミアムクラスを占めるであろう、お金持ちビジネスマンが存在せず、とってもすいており10人しかいませんでした。

なお、この10人のためにCAさんは2人アサインされているという、恐ろしい状況になっておりました。

f:id:demekingyobachi:20171008233815j:plain

座った席は3Kの席になります。あえて足を組んでみましたが、ちょっと膝が見えるくらいで全然、足が届きません。私の短い脚を全力で伸ばしてやっと届く程度の広さはあります。

f:id:demekingyobachi:20171008233804j:plain

座席間隔は127センチ(50インチ)あるそうです。

エコノミーだと31インチなので、1.5倍以上広々感でしょうか。シートの厚みとかも絡んでくるので、数字面の比較はあまり意味はないと思います。

広い!ただそれだけが事実なのであります。

f:id:demekingyobachi:20171008233740j:plain

テーブルの広さもこんな感じです。パソコン(Macbookair13inch)とマウスを普通におけちゃうスペースがあるんですね。なお、この「 WET TOWEL 」本当にタオルでした。。。ウエットティッシュのようなものではなく、布地のタオル!これまた高級感を感じさせてくれるものでした。

f:id:demekingyobachi:20171008233755j:plain

ついでに、まったく試すことを忘れて堪能してしまいましたが、リクライニングはこんな感じのレバーでやるみたいです。電動かな?と思って触ったら違ったので、試行錯誤をする気にもなれず放置してしまってすみません。

正直羽田-伊丹はエコノミーで何の不自由もありません。ただ、何度も何度も乗ってる身としてはこの快適さが全然違う!ということもよーくわかるのがシートの快適さでした。

ANA国内線プレミアムクラスは機内食だって出てくる!プレミアムGOZENの朝食メニューはこんな感じ

f:id:demekingyobachi:20171008233714j:plain

お品書きがちゃんとありました。内容はこのような感じですね。結構しっかり食べたようでしたが、344kcalと、コンビニのメロンパン一個よりも低カロリーな良い食事でした。

f:id:demekingyobachi:20171008233733j:plain

提供される姿はちゃんと滑らないお盆に乗せられて運ばれてまいりました。黒基調でちょっと高級感を演出されています。

f:id:demekingyobachi:20171008233730j:plain

ちょっと開けた感じがこんなイメージです。この段階で彩の良さみたいなのも見て取れます。アイスコーヒーもエコノミーでちょっとしたカップで提供されているものとは違う感じですね。カフェのテイクアウトとおんなじような空気感です。

f:id:demekingyobachi:20171008233724j:plain

メインはこんな感じ。フィルムかくして写真を撮らなかったことをちょっと後悔。。。

やっぱり、彩がはなやかです。もちろん味もおいしい、そして手が込んでいることがわかる内容ですよね。

f:id:demekingyobachi:20171008233721j:plain

そして、私的にはとってもお気に召した湯葉のスープ。ちょっと濃い目のスープで、温かみを入れてくれる、とても良いものでした。味噌汁ではなくてもほっと一息つける塩気のあるスープって、あまりないですけど、こちらはその要望を満たしてくれましたね。

 

そんなメニューを一通り食して、珈琲を飲んで過ごしていたら、シートベルト着用サインが点灯するという、時間のあっというまっぷり!

エコノミークラスですと、何度かANAショッピングを見たり、翼の王国を見たりという、なんとなくな手持無沙汰な時間があるのですが、プレミアムクラスは目の前のお料理と、ブログネタの写真を撮って、どんな感じにしようかな?と考えていたら、もうついてしまう!という優雅さでした。

 

この感じであれば沖縄で修行ということもほとんど苦にならないんだろうなと思います。PC広げて旅行記を書いていれば気づいたら、着陸態勢になるでしょうからね。

自腹で9,000円を出すかというと、そこまで裕福ではないので、私は出せませんが、アップグレードポイントの使い道としては、この国内線プレミアムクラスアップグレードは一つの非常に良い、選択肢に入ると思います。

当たり前のようにこんな席をとれるようにもっと稼ぎたいと思った初めての国内線プレミアムクラスでのフライトでした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください。*はてなブログに投稿しました 

 

 

ちょびリッチで不正アクセスを食らって11,500円を搾取されたので経緯を簡単にご紹介したい

ポイントサイトでうまいことやられたので、「泣き寝入りだなぁ。。。」思いつつ、簡単経緯のご報告します。陸マイラーの皆様気をつけて!ってことで。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

なお、原因はYahoo!の個人情報が何度も漏らされていますが、そちらの情報をもとにしたパスワードリスト攻撃であろうと推測しています。

私はIT業界の人間なので、若干自業自得感だと感じておりますが、「悪いのは絶対に犯人」です!なので、しかも今回のアクセス元は日本から。「こんな輩を野放しにしておいていいのですか?日本警察よ!」という思いの元、私の中で揃えられる情報を揃えて警察に相談をするまでの一連の流れを報告したいと思います。

一般の方からしたら、「Yahoo!が悪い!」「ちょびリッチが悪い!」となってしまうかもしれませんが、、、。 ちょびリッチさんは悪くはないと思いっています。

恨みは全て犯人に!そんな前提で、ちょっとした被害の状況をお伝えします。

f:id:demekingyobachi:20171009230049p:plain

ちょびリッチへの不正アクセス!なぜ、気づいたか?それはAMAZONギフトコードへの交換履歴から

f:id:demekingyobachi:20171009223553p:plain

私のちょびリッチさんの管理画面です。外食案件もこなしたし、30,000ポイントも超えるよなぁと思ってみたらあれ?少ない。。。となりました。

あんまりしっかり管理していないので、「ドットマネーに交換してたっけなぁ」と思って見てみたら・・・「Amazon ギフト券ポイント交換申請」とかいう文字が!?

 

陸マイラーの方はご存知の通り、ポイントサイトのポイントの価値を1pt=1円で使うなんていうことはありえないんです。

ANAのマイルに変えて最低でも2円以上、普通に4~5円くらいの価値にしていく、それが陸マイラーという、ものの生き様じゃないですか!

それなのに「Amazonギフト券ポイント交換」、こんなもの、絶対に私はやりません。

重度の精神的な病を患っており、私の中の多重人格が勝手にやったなんて、そんな幽遊白書の仙水のような、最近でいうと約束のネバーランドの先輩おっさんのような自体には陥るわけないんです。

「うわ、やられたな。。。」と思いました。

Amazon ギフト券でしたら、メールで一発ですし、天下のAmazon様がちっさな一ユーザの調査依頼や、クレームなんか相手にするわけもなく、100%泣寝入りをすることが想定されるとっても考えられたやり方だと思います。

私のような自体に陥らない為に、やれることをお伝えします

意識が低いと言われればそれまで、ですが、私はある程度一貫したパスワードルールで運用していました。

見返すと、ちょびリッチさんのパスワード設定のルールは比較的甘く、最も長らく使っているパスワード。

このパスワードはヤフーで個人情報漏洩をされたときのパスワードと同一のものでした。いわゆるパスワードリスト攻撃の対象になっていたんですね、、、。

パスワードリスト攻撃が気になる方はグーグルさんでご確認ください!

そちらを元に、登録しているヤフーのログイン履歴を見たところ、ありましたよ、土曜日の深夜、私がすでにベッドに入って、子供と過ごしている時間にもかかわらず、なぜか、Yahoo!BBのIPアドレスからのログイン履歴が!

ご丁寧に普段私は、Yahoo! ID でログインしているにもかかわらず、メールアドレスを利用してログインがされていたというおまけつきです。

確実にヤフーメールへ不正アクセスですね。

ヤフーメールに不正アクセスをしてから、ちょびリッチのユーザであることを確認し、ちょびリッチに不正アクセスをしたという流れのようです。

ヤフーメールに不正アクセスされてしまったらちょびリッチのIDなんていくらでも見つけられてしまいます。

なぜ、ちょびリッチに白羽の矢を立てたのかはちょっと謎ではありますが、明確にポイントサイトの利用者であるかを確認してターゲッティングしたものではないでしょうか。

ちなみに、こんなものは各サイトのID/PASSをランダムにすることでいくらでも回避ができるものであります。

パスワード管理ツールとか使えばいいのかもしれません。

まぁ、それが面倒だから、こんなことになってるんですけどね。。。

なお、今回不正アクセスを受けたヤフーメールとちょびリッチのログインID/PASSはわけていたんです。

メールアドレスのID/PASSを破られると色々とやられてしまうということの典型だと思いますので、メインで使うメールの管理はとっても大事ということを改めて感じました。

改めて感じたことは、認証関連のメインとなるもの、「メインのメール」「Google認証ならGoogle」「Facebook認証ならFacebook」この辺りは本当に気をつけながらやっていくということを、多少は被害を減らすことはできるかもしれません。

ちょびリッチへの不正アクセスを受けてやったこと、やってみようと思うこと

  • 何よりもメールだと思ったので、ヤフーのログインについてはワンタイムパスワード(OTP)の導入をしました。二要素認証重要!
  • ちょびリッチさんへ不正アクセスのタイミングの不審な挙動について調査の依頼をしました。そのログ警察に出すからくださいなと。
  • ちょびリッチさんからログがもらえたら警察に行ってみたいと思います。なお、普通に不正アクセス対策窓口に連絡をしたらパスワード変えといてねという自動音声メッセージのみ。日本の警察のサイバー犯罪に対する人のかけていられなさ半端ないですね。

ということで、まずはちょびリッチさんに不正アクセスされたから対応してもらえます?の打診中です。やってもらいたいことは、不正アクセスに紐づく、一時的なメールアドレスの設定変更などがあったかどうかを教えて欲しいという依頼です。

一営業日経っても連絡はありません。どうなっているのか気になるところですね。

この情報を元に、情報を集めて、警察に相談をするきっかけをつかめないかと思っています。

なお、Yahoo!BBさんのアドレスから不正なログがあったので、連絡をしたら即日連絡があったものの「被害があるなら警察行けば?警察から言われたら対応してやるわ。」という内容を丁寧な言葉でメール連絡をいただきましたので、実質何もやらないのでしょうねぇ。。。

 

陸マイラーさん御用達、ちょびリッチさんは上場もしていない、社員数20名程度の社員です。いわゆるベンチャー企業ですね。

この様々なポイント案件を獲得する営業的な人材、資金繰りなどをちゃんと考える人材、システムを作り上げる人材を考えると、どう考えてもこの程度のイレギュラー対応を真摯に対応するということは難しいことも想像できます。

とはいえ、泣寝入りは悔しいし、絶対に同じ思いで泣寝入りをする人がいるはずだと思っています。

せっかくブログを書いていますし、個人でやれることやった上で、今後の陸マイラー界の情報セキュリティ被害を減らす、啓蒙活動を、実体験を晒すという小さなことをコツコツとやってみたというお話でした。

 

ポイントサイトのネガティブを書きましたが、いいことのほうが衆いので、よかったら次の記事もお立ち寄りください♪

www.ana-mileage-shoes.net

ANAクラウンプラザホテル大阪で朝食ルームサービスのアラカルトを頼んだので感想・レビューを書いてみたい

ANAクラウンプラザホテル大阪という、IHG系のちゃんとしたホテルのルームサービスを利用できる機会があったので、感想を書きました。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

ホテルでルームサービスって頼まれることありますか?37歳になるまで一度たりとも利用をしたことがありませんでした。ビジネスホテルにはそもそもルームサービスなんてものはありませんし、個人旅行でちょっといいホテルに泊まったとしてもルームサービ

スの価格は典型的サラリーマンにとっては法外ともいえるべき金額。

そんなセレブな朝食を食べてみましたので、感想レビューを書いてみます。

f:id:demekingyobachi:20171008220214j:plain

ANAクラウンプラザホテル大阪の朝食の価格帯はこんな感じ。

普通のラウンジで食べられる、朝食ブッフェは1,900円となります。IHG会員のウェブサイトで朝食を付けたときの金額です。

ANAクランプラザホテル大阪はいつも出張予算ぎりぎりの価格帯で抑えるので朝食ブッフェを入れる余裕はまったくありません。自腹でこのお金を出すほどかといわれると、「朝マックでいいんじゃないの?」「ドトールのモーニングセットでいいんじゃないの?と思う金額感になるんですよね。

ただ、今回の4泊というちょっと長期滞在を事前のセール価格でがつっと抑えた結果、一泊当たり1,100円ならギリギリ出してもいい!という状況になりました。

ブッフェだといろいろと食べたくなってしまい、出張の夜はどうしても飲み食いが多いため、朝まで、いっぱい食べて苦しくなるのもちょっと違うなということもあり、今回は朝食のルームサービスを使ってみようということにしたわけです。

ANAクラウンプラザホテル大阪の朝食ルームサービスのセットはこんな感じです。

f:id:demekingyobachi:20171008220337j:plain

一番安くても2,300円+10%のサービス料と8%の消費税もかかってきます。

ちなみに、IHGゴールドやSFC特典で10%引きなるので、2,500円ってとこでしょうか。

完全に予算オーバーですね。

というか、この価格出すなら普通にモーニングブッフェで食べいくわ。

なので、必然的に価格帯的にアラカルトになるわけです。

朝食アラカルトのメニューはこんな感じです。

f:id:demekingyobachi:20171008220310j:plain

パンのセット1,000円(+税サ&10%割引)がお得感はありそうかな。。。

ちなみに、ANAクラウンプラザホテル大阪のホームページだと、なぜか朝食のルームサービスについては価格もメニューもありませんでした。(デイタイムやディナータイムのものはあるのに(笑))

ANAクラウンプラザホテル大阪で食べる朝食ルームサービスこんな感じ!

初日朝食:コーンフレークル/900円(+税サ&10%割引)

f:id:demekingyobachi:20171008220510j:plain

ちゃんと、牛乳は付属するんですかって聞きました。だって別メニューでミルクは600円もするんですもの。他のメニューと比較してもミルクないかも。。。と思いました。が、そこはさすがにミルク付きでこちらの価格で一安心です。

二日目朝食:チョコクリスピー/900円(+税サ&10%割引)

f:id:demekingyobachi:20171008220009j:plain

初日のコーンフレークってあまり食べる機会がなかったのですが、味があまりにも しなかったので、チョコクリスピーなるものに挑戦。この量のチョコクリスピーは正直きつかった。。。ちょっと胃がもったり、もったりする感じ。

外人さんこんなの日々いっちゃうの?っていう感じです。

もちろん、ミルク付きでした。 

三日目朝食:白ご飯+納豆+だし巻き卵/500円+600円+600円(1,700円)(+税サ&10%割引)

f:id:demekingyobachi:20171008215955j:plain

四泊目は朝五時過ぎにチェックアウトをする必要があったので、朝食はいらなかったので予算を上げることができました。ブッフェとちょっと悩んだところではありますが、ブッフェ付き一泊で泊まれる場合もANAクラウンプラザホテル大阪の場合はありそうなので、その時にレビューをすればいいかなとおもったというところであります。

なお、パンケーキやワッフルという選択肢と悩みまくって、ツイッターでアンケートまで取らせていただいた結果、白ご飯+納豆という選択になりました。この半熟卵は白ご飯についてきているものなのか納豆についてきたものなのか判断ができません。。。たぶん、白ご飯についてきたんじゃないかと想像しています。気になる方はお電話でご確認を。

この内容で、この金額は「さすがに引くわぁ。。。むしろルームサービス怖いわぁ。」レベルの金額感ではありますが、なにかおいしさのサプライズがあるというわけではまったくなく、普通の納豆ご飯とだし巻き卵でした。

なお、モーニング珈琲については部屋の備え付けのインスタントコーヒーがあるので、そちらがあれば、とりあえず私は満足出来ました。

f:id:demekingyobachi:20171008220642j:plain

ANAクラウンプラザホテル大阪のルームサービスを使ってよかったという結論

「あくまでもお金のことを気にする必要がないなら」、という大前提が付きますが、私は使ってよかったと感じました。

  • 朝決まった時間に部屋までご飯を運んでもらえる便利さ
  • 部屋でゆっくりと自分のペースでご飯を食べることができる快適さ

この二つがメリットでしょうか。

上記のレビューを見て頂いてわかる通り、味は正直普通!です。

費用対効果や満足感だったら絶対に、朝食ブッフェでしょう。

この二つのメリットを求める人のサービスだと思います。

私がプライベートで使うか?といわれると、使いません。

この金額をプライベートで払うくらいなら、コンビニで、パンやおにぎり買っておきますよね。プライベートで使う方は本当にお金持ちすぎてコスト意識のない方だと思います。

ANAクラウンプラザホテルはそもそも、ビジネスホテルとして使われることも多いであろう価格設定だと思っています。朝食ブッフェが高すぎる!と感じられている出張族の方、もしかしたらアラカルトのルームサービスなら予算に入るかもしれませんので、検討されてもいいのではないでしょうか?というお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

 

羽田空港国内線の第二ターミナルのカードラウンジ(Airport Lounge)がしばらく行かない間に変わっていたので、感想・レビューを書いてみたい

ANAユーザでカードラウンジといえばここ!な羽田空港の Airport Lounge に久しぶり行ったのでメモとして書いておきます。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

当ブログは陸マイラーブログでもあり、私は典型的な青組・ANA派の陸マイラーです。ANAの上級会員資格であるスーパーフライヤーズカードホルダーであるくらいには飛行機に乗っていますが、JALには生まれてから一度も乗ったことはありません。島根に行く用事があっても米子に飛ぶくらいにはANA派です。

 そんなANA派の私ですが、ANAの上級会員資格をとったのは仕事の出張が多かったら。上級会員資格をとるとこちらの記事のような、航空会社のラウンジが使えるのですが、それまではいわゆるカードラウンジというものを使わせていただいておりました。

久しぶりにカードラウンジを使ったのですが、かなり改装されていたので簡単にレビューをしておきたいと思います。

いろいろ、ネットで探したけど、Airport Lounge改装した!というネタが全然見つからず、2017年8月末の記事でも前のレイアウトだったので、2017年の9月に改装したように思えます。。。

ANA上級会員であってもカードラウンジが使いたいときはどういうときか?

二つのシチュエーションがあると思っています。

「ちょっとショップを見たくなった時」と「朝食時間の時」

ショップを見たくなった時とはどういう時かというと、羽田空港の国内線ターミナルは他の空港と違ってISETAN HANEDA STORE が保安検査を抜けたところにあるんですよね。

f:id:demekingyobachi:20171005233651j:plain

この目の前にカードラウンジがあるので、わざわざ、エスカレートを上がる必要のあるANAラウンジに行くよりかは目の前のカードラウンジで十分なんです。

国内線は30−40分前に保安検査上を抜けることも多くあり、ラウンジでゆっくりお仕事をする時間もない時はちょっとしたウィンドウショッピングもいいものですからね。

この伊勢丹さすがに空港内ってことで、スーツケースなど充実なんです。

f:id:demekingyobachi:20171005233715j:plain

こんなグローブトロッターが並んでる姿は普段私が足を運ぶような店で見られません。もちろん、ゼロハリバートンもしっかり置いてあったりしますしね。

ここでお買い物をするセレブな方の生活は全く想像ができませんが、フラーッと眺めているだけで10分くらいはすぐ経ってしまいます。で、間も無く搭乗時刻かという前に軽く喉を潤したり、するためにラウンジの寄るというのが、一つの使い方ですね。

「朝食の時間の時」とはどういう時か?というと朝の時間帯はこのラウンジ、ベーグルが出るんです。

しかも複数種類よりクリームチーズと一緒に。

コレはANAラウンジにもないとても良いサービス!10時に大阪にアポイントの時などは使っていましたが、最近は前泊しちゃうことも多くて食べていません。

なお、タイトル通り、しばらく行ってなかった間にレイアウトがかなり変わっていたため、ベーグルサービスが今、どうなってるかがちょっとわかりません。。。今度前泊せず日帰りを狙って確認したいと思います。なくなってたら悲しいけど、今までベーグルを置いてたカウンター無くなってるし、どうなってるんでしょうか。。。

羽田空港国内線第二ターミンナル Airport Lounge はこんな感じに改装されていました。f:id:demekingyobachi:20171005233702j:plain入り口自体は全く変更はありません。こんな感じです。ゴールドカードさえあれば誰でも入れる敷居の低さです。

敷居の低さと言いながら、マイラーになる前には「ゴールドカード?なにそれ?年会費一万円!?ありえない!!!」というくらいにはカードのベネフィット受けていなかった私からすると、初めて入った時には贅沢気分をとても味わっていました。

どっしりとした大きい、ソファーがあり、ドリンクがあり、くつろぐスペースだったんです。混んでることも多かったので、そいう時は並ぶか、諦めるかというそんなラウンジでした。

当時の様子は、「羽田空港+Airport Lounge+レビュー」で検索した結果のブログではいかが一番検索上位でしたので引用させていただきます。

こちらのレビュー記事ではベーグルのことも書かれていますね。

 

で、先日10/2に訪問したAirport Lounge はこちら。

 

f:id:demekingyobachi:20171005233721j:plain

なんということでしょう。

ソファーがぜーんぜんありません。

そして、ドリンクカウンターのはす向かいには朝はベーグルが置いてあった棚もありません。「席は用意してやった!ドリンクも置いてやった!ラウンジやろ!?」という空間になっているじゃありませんか。

見ての通り、パソコンを広げているサラリーマンだらけなのでこれでいいとは思いますが、本当オフィスのような空間に変わっています。

特に窓側に席を詰めたこともあって、かなり座席数は増えたことが想像できますね。以前はかなり混んでいた印象ですから対応として正しい対応だと思いますが、殺風景なラウンジになっているなというのが正直な感想です。

それでも、ちょっと伊勢丹によって、飲み物飲んでトイレを借りるといった空間であれば、こちらのラウンジでも十分なので、引き続き使っていきたいし、使う価値も私のような庶民であれば十分にある、カードラウンジ、お勧めできると思いますというお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*